システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

シングルユーザモード移行時のsu履歴

mikie
時折のコントリビューター

シングルユーザモード移行時のsu履歴

マルチユーザモードからシングルユーザモードへ移行したときに覚えの無いsu履歴が残っていました。

suの実行時間が実時間と14時間ずれていました。

 使用OS:HP-UX11.0

このような事象についてご存知の方がいたら回避策を教えてください。よろしくお願いします。
1 件の返信
nadachi
レギュラーアドバイザー

シングルユーザモード移行時のsu履歴

同じ経験があるわけではありませんので推測だけですが。

 おっしゃっているのは /var/adm/sulogファイルに書かれた記録で、

SU 03/19 16:15 + 1 adachi-root

SU 03/19 16:23 - 1 adachi-root

SU 03/19 12:30 + 1 adachi-root <<<---

SU 03/19 17:22 + 1 adachi-root

みたいに、前後関係から見て時刻が14時間ずれているようなものがある、ということでしょうか。

( note:上の例は編集したもので実際の例ではありません。)

この /var/adm/sulog ファイルは、"su" コマンド自身が書いているはずです。( syslogd にメッセージを送って書いてもらっているのではない。)

とすれば、この時刻情報も"su"コマンドが書いているはずで、これがlocal timeであることから、"su"コマンドは、

-- 現在時刻を得て、

-- TZ環境変数をもとに、local timeに換算して

-- sulogファイルに書く

と考えられます。

 これが正しいなら、一つの説明は、シングルユーザーモードへ移行するある時点で、TZ環境変数がJST-9でないような環境で "su"が実行されたのでは、ということになります。

 もしこれが正しいなら、マルチユーザーモードから、シングルユーザーモードへ移行するときに実行されたスクリプト? で、"su"コマンドを利用しているものがあるなら、TZ環境変数がJST-9に設定されてから実行されるように細工すれば良いのでは。