システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ミラーディスクの交換

Eijang
時折のアドバイザー

ミラーディスクの交換

お世話になります。

複数のディスクでlvolを構成し、

S/Wミラー設定している環境に関して質問です。

B.11.11

|||||||||||||||||||||||||||||||||

| VG01 |

|||||||||||||||||||||||||||||||||

| lvol1 |

|||||||||||||||||||||||||||||||||

|×c4t0d0 |○c4t2d0 |

|○c4t1d0 |○c4t8d0 |

|○c4t3d0 |○c4t10d0 |

|||||||||||||||||||||||||||||||||

プライマリディスクのc4t0d0が壊れて交換をしなければいけない場合、

# lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0

# vgreduce /dev/vg01 /dev/dsk/c4t0d0

# pvcreate -f /dev/rdsk/c4t0d0

# vgextend /dev/vg01 /dev/dsk/c4t0d0

# lvextend -m 1 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0

上記のような流れでDiskの交換作業はいけますでしょうか?

それとも

# lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol1







# vgextend /dev/vg01 /dev/dsk/c4t0d0

# vgextend /dev/vg01 /dev/dsk/c4t1d0

# vgextend /dev/vg01 /dev/dsk/c4t3d0

# lvextend -m 1 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0

# lvextend -m 1 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t1d0

# lvextend -m 1 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t3d0

のようにプライマリ側のミラー設定を全て解除して交換作業を行う必要が

あるのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示くださいますでしょうか。

よろしくお願いします。

ez
6 件の返信
masaakio65
レギュラーアドバイザー

ミラーディスクの交換

http://docs.hp.com/en/5991-1236/When_Good_Disks_Go_Bad.pdf

こんなドキュメントがあって読んでみると対応が分かれてたりします。

lvreduce するならlvol1に含まれるdisk の左側全部外さないとダメでしょう。

lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0 /dev/dsk/c4t1d0  /dev/dsk/c4t3d0

boot area があるdisk ならpvcrete に-B いりますね。

可能であれば、vgcfgrestore するのが一番簡単でしょう。

Eijang
時折のアドバイザー

ミラーディスクの交換

masaakio65様

ご返信ありがとうございます。

教えていただいた資料も参考にさせていただきました。

実際は以下のような手順で交換を行いました。

実際どうなるのかちょっと試してみたかったので。。

# lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0

→c4t2d0、c4t1d0、c4t3d0でlvol1を構成

# vgreduce /dev/vg01 /dev/dsk/c4t0d0

# pvcreate -f /dev/rdsk/c4t0d0

# vgextend /dev/vg01 /dev/dsk/c4t0d0

# lvextend -m 1 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0 /dev/dsk/c4t8d0 /dev/dsk/c4t10d0

交換後はこんなかんじです。

|||||||||||||||||||||||||||||||||

| VG01 |

|||||||||||||||||||||||||||||||||

| lvol1 |

|||||||||||||||||||||||||||||||||

|○c4t2d0 |○c4t0d0 |

|○c4t1d0 |○c4t8d0 |

|○c4t3d0 |○c4t10d0 |

|||||||||||||||||||||||||||||||||

ありがとうございました。

ez
masaakio65
レギュラーアドバイザー

ミラーディスクの交換



lvol1 の構成が、

作業前

|×c4t0d0 |○c4t2d0 |

|○c4t1d0 |○c4t8d0 |

|○c4t3d0 |○c4t10d0 |

作業後

|○c4t2d0 |○c4t0d0 |

|○c4t1d0 |○c4t8d0 |

|○c4t3d0 |○c4t10d0 |

のように入れ替わってもよかったんですね。

同バス上にディスクがいるからそれでもいいですかね。

その並びが重要な場合は片側全部抜かないとうまくいかなかったんです。

Eijang
時折のアドバイザー

ミラーディスクの交換

記載する情報が少なく失礼しました。

実は

# lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0

を実行した際にミラーが全てはずれるのかちょっと疑問を持っていました。

今回は同一バス上のディスクを交換するだけであったのでディスクの並び自体得に気にせず再構成できました。

差し支えなければ後学のため教えていただきたいのですが、片側すべてを抜かなければうまく再構成できない時(lvol構成のならびが重要な時)はどのような環境下であったのでしょうか?diskの監視が絡むときでしょうか?

ご面倒でなければ簡単で結構ですのでご教示くださいますでしょうか。

ez
hazelwood
信頼あるコントリビューター

ミラーディスクの交換

> # lvreduce -m 0 /dev/vg01/lvol1 /dev/dsk/c4t0d0

> を実行した際にミラーが全てはずれるのかちょっと疑

> 問を持っていました。

これは、指定したPV以外は、ミラーペアのどちらか一方がはずされることになっています。

確か、vgdisplay -vで表示されるPVの後ろの方から(つまり追加されたのと逆順)選択されたかと思います。

ちなみに、左側のPVを全部指定してミラー解除していた場合、以下のようになるはずです。

   作業前

   |×c4t0d0 |○c4t2d0 |

   |○c4t1d0 |○c4t8d0 |

   |○c4t3d0 |○c4t10d0 |

   

   作業後

   |○c4t2d0 |○c4t0d0 |

   |○c4t8d0 |○c4t2d0 |

   |○c4t10d0 |○c4t3d0 |

vgcfgrestoreを行なう手順であれば、作業前後の並びは変わらず、しかも短時間で終了すると思います。

(PV1本分のデータコピーで完了するので。)

> 片側すべてを抜かなければうまく再構成できない時

> (lvol構成のならびが重要な時)はどのような環境下で

> あったのでしょうか?

これは、大体において、人間(または監視スクリプト)の都合しかないと思います。

Eijang
時折のアドバイザー

ミラーディスクの交換

hazelwood様

ご返信ありがとうございます。

>vgcfgrestoreを行なう手順であれば、作業前後の並

びは変わらず、しかも短時間で終了すると思います。

なるほど、

vgcfgrestoreが使用できる環境下であれば、使用するのが最も無難(早い、diskの並びもそのまま)ということですね。

lvolを構成する逆の手順で復旧することしか考えていなかったので、vgcfgrestoreを使用した復旧を考えておりませんでした。

貴重なご回答ありがとうございました。

ez