システム管理
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして 

メモリ使用量監視について

時折のビジター

メモリ使用量監視について

初めて投稿させて頂きます。

メモリ使用量監視におけるFileCacheの考え方について分からず、困っております。

下記質問についてご教示お願いいたします。

■状況

現在下記の構成でシステムの運用を行っており、Tivoliにてメモリ使用量の監視を行っています。

OS:HP-UX 11i v3

MemorySize:50GB

Tivoliの設定にてメモリ使用量が90%を超える場合は警告としているのですが、現在既に90%を超える使用量となっているため、警告が頻発する状況となっています。

内訳を見ると、下記となっていました。

FileCache:25GB

その他合計:20GB

filecache_min&maxの設定はデフォルトのままであり、filecache_min(2.5GB)+その他合計で22.5GBが実際の使用量と考えられますので、上記状態はメモリ不足ではないと考えています。

そのため、Tivoliの設定でFileCacheを除いたメモリ使用量が監視できないか調査したのですが、そのような指標は無いようです。

■質問

�メモリの大半がFileCacheで使用されている状態で、他の目的でメモリが必要となった場合、FileCacheのfilecache_minを超える部分は自動的に開放されると考えているのですが、この認識は正しいでしょうか?

�通常HP-UXでメモリ監視を行う場合、どのような指標を監視すべきでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

4 件の返信
レギュラーアドバイザー

メモリ使用量監視について

http://docs.hp.com/ja/B2355-60129/filecache_max.5.html

にありますが、ahinoreさんの考えで正しいです。

”ファイルキャッシュとして用いる物理メモリー量は、I/O 負荷と物理メモリーに対する競合する要求に応じて、 filecache_min から filecache_max の範囲で変化します。”

50GBも搭載しているとデフォルトのfilecache_max 値では上限が大きくなるので、ちょっと小さくしてみてはどうでしょうか。20GBもファイルキャッシュが必須になる状況というのは、ちょっと思いつきません。

パフォーマンスを見ながら、値を小さくすればtivoli での警告もあがらなくなると思います。
時折のビジター

メモリ使用量監視について

>masaakio65様

返信ありがとうございます。

大変参考になりました。

確かに20GBものファイルキャッシュは必要ないと思いますので、filecache_maxを減らす事も検討したいと思います。

ただ個人的には、空いているならば使用量が100%になったとしてもキャッシュとして利用した方が良いのではないかな?と思うのですが・・・。

一般的に、メモリ使用量の監視を行う場合は、ファイルキャッシュも含めて想定の使用量以下に調整する物でしょうか?

レギュラーアドバイザー

メモリ使用量監視について

使われてなかったら、ファイルキャッシュとしてでも利用したいと言う気持ちは分かります。

”I/O 負荷と物理メモリーに対する競合する要求に応じて”という記述があるように、メモリー不足になれば、すぐにファイルキャッシュから、すぐに解放されるものでもないと言うことになります。

そのため、パラメータを変更して、通常運用では常に90%とか80%以下になるように調整すべきでしょう。

パフォーマンスを考えれば、ファイルキャッシュも含めた方がよいと思います。ファイルキャッシュを解放することにも、CPUリソースを使うわけですから。

時折のビジター

メモリ使用量監視について

>masaakio65様

大変参考になりました。

ありがとうございます。

//Add this to "OnDomLoad" event