キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

LV拡張

Y_W
時折のビジター

LV拡張

初めて質問させていただきます。

現在以下のようにlvol5の使用率が高いため、lvol4を縮小してlvol5を拡張しようと考えております。

(VG自体にFreePEが極端に少ない状況のため。)

/dev/vg00/lvol5 76% /opt

/dev/vg00/lvol4 11% /home

但し、vg00はミラー化されているため、単純に以下の手順で良いのか分からない状況のため、お教えいただけれると幸いです。

(ミラーを一旦除去する必要はありませんでしょうか?)



# fsadm -F vxfs -de /home

# fsadm -F vxfs -b **M /home

# lvreduce -L ** /dev/vg00/lvol4

# lvextend -L *** /dev/vg00/lvol5

# fsadm -F vxfs -b 64M /opt

3 件の返信
oops
貴重なコントリビューター

LV拡張

OnlineJFS を使用されているのであれば、手順の流れとしては問題ありません。

最初にディレクトリとエクステントのデフラグをされているようですが、これは必須ではありませんし、どれくらい時間がかかるかが、そのファイルシステムの使用状況や空き容量によって大きく異なりますので要注意です。

まず、デフラグが必要なのか、というところを -D、-E で確認されてはいかがでしょうか?

デフラグ(断片化の除去)については、fsadm_vxfs(1M)に詳しく書いてあります。是非一度内容を確認してみてください。

Online での縮小と拡張の手順ですが、-b の後は fsadm_vxfs(1M) にあるように、セクタサイズでの指定しかできません。サイズ指定に計算を要求されるので、オペミスにはくれぐれもご注意ください。

面倒かもしれませんが、マウントがはずせるのであれば、バックアップを取得してオフラインで extendfs を実施された方が、サイズ指定もしやすいので楽だとは思います。

特に、フラグメントが著しく、それを同時に解決されたいのであれば、こちらの方がより確実に短時間で綺麗にできます。
O_Y
時折のコントリビューター

LV拡張

> Online での縮小と拡張の手順ですが、-b の後は fsadm_vxfs(1M) にあるように、セクタサイズでの指定しかできません。

-b の後、実容量でサイズ指定できませんか?

fsadm -F vxfs -b 1920M /usr

とやって/usrを1920MBに拡張した記憶があるのですが。。。
oops
貴重なコントリビューター

LV拡張

man を見る限りは、-b の後はセクタ指定しかだめそうですが…。そのため、逆にバイト単位で指定したことがありません。