システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

MC/ServiceGuard、OPS環境における内臓ディスクリカバリについて

XXXXXXXX
アドバイザー

MC/ServiceGuard、OPS環境における内臓ディスクリカバリについて

現在、MC/ServiceGuard、OPSを使用したクラスタ環境を構築しています。そこで内臓ディスクのリカバリについて質問があります。サーバ2台(サーバ1、2)でクラスタ構成を構築していますが、サーバ1でMC/ServiceGuard、oracleが稼働している状態で、サーバ2の内臓ディスクのリカバリを実行しても問題はないものでしょうか?oracle自体はディクスアレイにセットアップしています。内臓ディスクなので、影響はないと思うのですが、何か気をつけること等はあるのでしょうか?

宜しくお願いします。
3 件の返信
nadachi
レギュラーアドバイザー

MC/ServiceGuard、OPS環境における内臓ディスクリカバリについて

正確なシステム構成が不明なので、無責任な意見かも知れませんが。

 MC/ServiceGuard OPS構成であっても、サーバー1, 2から同時にアクセスするディスクはOracle から使うディスクに限定されているはずです。

(これは、MC/ServiceGuardの設定ファイルに、そのディスクを含むVolume Groupが書いてあるか、ないか、で判定できます。)

 "サーバ2の内蔵ディスク" というのが具体的に何を意味するかは不明ですが、これがサーバ2のroot, bootディスクなど、サーバ2からしかmountしない(または物理的にサーバ1とは繋がっていない)ディスクであれば、MC/ServiceGuard OPS構成とは切り離して考えることができます。

 そうであれば、話としては、"システムが稼動してる状況下で、内蔵ディスクのリカバリが可能か?" と

言うことになります。"リカバリ"というのは"交換"でしょうか。交換まで含むとすると、

-- そのシステムで、内蔵ディスクはhardware的に

電源を切らずに交換可能か。交換時に、他の内蔵ディスクのI/Oに影響を与えないか。



-- そのシステムで、内蔵ディスクを例えば、LVMの構成から外すことがシステム運用中に可能か。(例えば、このディスクはLVM mirrorの片割れだ、とか。

もしそうではなくて、このディスクにアプリケーションが動作するのに必須のファイルがあるなら、アプリケーションを止めずにディスクをいじることはできませんよね。)

にかかってくると思います。

 一方、単に、backupメディアからデータを戻すだけなら、そのファイルシステムが Oracleやアプリケーションに関係していない限りにおいて支障はないはずですが。
XXXXXXXX
アドバイザー

MC/ServiceGuard、OPS環境における内臓ディスクリカバリについて

すいません。説明不足でした。

サーバ2の内臓ディスクはサーバ2からしかmountできません。またリカバリというのはmake_tape_recoveryで取得したOSのバックアップからOSをリカバリしようとしています。

片系のクラスタ内のノード(サーバ1)が起動していて、オラクル及びその他のアプリケーションが稼働している状態で、もう一方のクラスタ内のノード(サーバ2)を停止させ、サーバ2のOSをバックアップからリカバリすることが可能かどうかということです。

また、make_tape_recoveryでOSのバックアップを取得する際にも同様に、片系のノードだけを停止してバックアップを取得することは可能でしょうか?

宜しくお願いします。

oops
貴重なコントリビューター

MC/ServiceGuard、OPS環境における内臓ディスクリカバリについて

可能です。cmhaltnode でリカバリ/バックアップ対象のノードをクラスタからはずせば、作業は可能です。ただし、冗長性は落ちます(何か問題があっても切り替わりが発生できない)ので、ご注意ください。