システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NFSにおけるロックファイルについて

スマイルエンジニア
時折のアドバイザー

NFSにおけるロックファイルについて

いつも参考にさせていただいております。HP-UX10.20にてNFS環境を構築しております(NFSサーバ1台、クライアント2台)。NFSディレクトリ上にてファイルの追加、更新、削除を行う際、排他制御のため/var/statmon/smディレクトリ下にロックファイルが作成されると思うのですが、どのような処理を行った場合、ロックファイルが作成されるのでしょうか。単なるファイルの作成だけではロックファイルは作成されないと考えておりますが、誤認識ではないでしょうか。また複数のNFSクライアントからNFSディレクトリ上に同時にファイル作成を行った場合(作成するファイル名は別々。同一ファイル名ではない。)、ロックファイルは作成されるのでしょうか(この場合もロックファイルは作成されないと考えているのですが)。テスト環境が無く、机上空論となっております。ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。

1 件の返信
yoshimura
レギュラーアドバイザー

NFSにおけるロックファイルについて

> どのような処理を行った場合、ロックファイルが

> 作成されるのでしょうか。

具体的には "lockf()" といった関数でファイルの

ロックを行ったときです。「ファイルの作成」

(open()) だけでは作られません。

HP-UX ではファイルを cp とかでは lockf() は

使ってなかったと思います。

明確なファイルの排他処理を行うプログラムで

あれば NFS ファイルシステム上のファイルを

操作すれば rpc.lockd/statd によって sm

ディレクトリ以下に作られるとおもいます。