システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NTPの同期ができない。

ŽO‰Y �]•½
時折のコントリビューター

NTPの同期ができない。

ntpdate -d 192.1.1.100の実行結果は

20 Jun 09:34:16 ntpdate: adjust time server 192.1.1.100 offset 0.002748 sec

となり、同期可能と判断できるのですが、

ntpdate -b 192.1.1.100の実行結果は

20 Jun 09:35:53 ntpdate: no server suitable for synchronization found

となり同期できません。

オプションの-bと-dで結果が異なることは何が原因なんでしょうか?

ちなみに、ntpdデーモンを起動させておいても同期できていません。
2 件の返信
yoshimura
レギュラーアドバイザー

NTPの同期ができない。

> オプションの-bと-dで結果が異なることは何が原因なんでしょうか?

> ちなみに、ntpdデーモンを起動させておいても同期できていません。

たしか xntpd デーモンを起動させたまま "ntpdate" を実行すると "-d" 以外の動作の場合、NTP 通信用のポート番号が(xntpd で)利用中であるため失敗したと思います。

"-d" だと ntpdate が UDP Port 123(NTP) 以外でbind()しているという違いがあったと思います。

もしかして NTP サーバとこのシステムの間に

Firewall が存在して、ローカルの NTP ポートへのアクセスを遮断してませんかね?

nt
貴重なコントリビューター

NTPの同期ができない。

理由は吉村さんの説明があっていると思います。

ntpdate は -d/-q/-u のときに port 123 に bind しません。

ですので -u を使うと同期できるのではないでしょうか?