システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Rowデバイスとは?

ISD
アドバイザー

Rowデバイスとは?

質問です。

rowデバイスのrowってどういう意味ですか?

/dev/rdskとか/dev/dskがそれに

あたるのでしょうか?

素朴な質問ですが、みなさまからの

回答お待ちしております。

宜しくお願い致します。
10 件の返信
K_Ta
頻繁なアドバイザー

Rowデバイスとは?



こんなのはどうでしょうか?

Device Special Files

The devices can be classified in two categories, raw (or character) and block:

A character special file

is a special file associated with I/O devices that transfer data byte-by-byte. Other byte-mode I/O devices include printers, nine-track magnetic tape drives, and disk drives when accessed in ``raw'' mode. A character special file has no predefined structure.

A block special file

is a special file associated with a mass storage device (such as a hard disk or tape cartridge drive) that transfers data in multiple-byte blocks, rather than by series of individual bytes. Block special files can be mounted. A block special file provides access to the device where hardware characteristics of the device are not visible.

NOTE: Accessing a disk in block mode, i.e. by the block special file means using the file system buffer cache. Accessing the disk in raw mode, i.e by the character special file means bypassing the buffer cache. So in order to test a suspect disk do always use the character special.
まつ
アドバイザー

Rowデバイスとは?

イメージとしてrawは"生"です。

LVMによる普通のPV,LV,VGとはちょっと違って、"生"に近い形でアクセスするデバイスですね。

ISD
アドバイザー

Rowデバイスとは?

早速の返信ありがとうございます。

Rawのイメージは解りました。

ちなみにキャラクタ型(rdsk)とブロック型(dsk)は

両方ともRawデバイスなのでしょうか?

この二つの違いが分かりません。

教えてください。
K_Ta
頻繁なアドバイザー

Rowデバイスとは?



ISDさんの言っているRawデバイスが何かよくわかりません・・・

"Device Special Files"は"raw"と"block"があり、その違いは先程のように。

The devices can be classified in two categories, raw (or character) and block:

こんな使い分けがされているんじゃないですか?

まつさんが言っているイメージに近いと思いますが。

NOTE: Accessing a disk in block mode, i.e. by the block special file means

using the file system buffer cache. Accessing the disk in raw mode,

i.e by the character special file means bypassing the buffer cache.

So in order to test a suspect disk do always use the character special.

Na_Ka
頻繁なアドバイザー

Rowデバイスとは?

ブロックデバイスはシステムのバッファを介してアクセスされ、キャラクタデバイスは1文字ずつバッファを介すことなくアクセスされます。

通常Rawデバイスとはキャラクタデバイスを指します。DBでRawデバイスを使用する場合もキャラクタデバイスを使用します。
ISD
アドバイザー

Rowデバイスとは?

実はバックアップをRawデバイスとして

取得するように使用としているのですが、

解らなかったので質問しました。

この場合、やはりキャラクタデバイスを

指定したほうが良いのでしょうか?

この時キャラクタとブロックを指定した

時の違いはあるのですか?
S_Y
頻繁なアドバイザー

Rowデバイスとは?

kkさんの

>キャラクタデバイスは1文字ずつバッファを介すことな>くアクセスされます

ということで、キャラクタですとバックアップのスピードが遅くなると思います。ちがったらすいません。
Na_Ka
頻繁なアドバイザー

Rowデバイスとは?

デバイスファイルをそのまま使用する場合はキャラクタデバイスを使用し、ファイルシステムとして扱うのであればブロックデバイスを使用するのが一般的だと思います。

ブロックデバイスを使用してデバイスファイルをバックアップするという話は聞いた事がありませんが、もしかしてできるかも。。。という感じです。
nt
貴重なコントリビューター

Rowデバイスとは?

> >キャラクタデバイスは1文字ずつバッファを介すことな

> >くアクセスされます

> ということで、キャラクタですとバックアップのスピード

> が遅くなると思います。ちがったらすいません。

逆です。普通は charcter special file の方が速いです。

disk(7) より、

Since large I/O operations via character-special files

avoid block buffer cache handling and result in fewer

disk operations, they are typically more efficient than

similar block-special file operations.

rawsq
貴重なコントリビューター

Rowデバイスとは?

> > >キャラクタデバイスは1文字ずつバッファを介すことな

> > >くアクセスされます

>

> > ということで、キャラクタですとバックアップのスピード

> > が遅くなると思います。ちがったらすいません。

>

> 逆です。普通は charcter special file の方が速いです。

>

> disk(7) より、

>

> Since large I/O operations via character-special files

> avoid block buffer cache handling and result in fewer

> disk operations, they are typically more efficient than

> similar block-special file operations.

というか、I/O時のファイルサイズなどによって速度は異なるの

ではないでしょうか?

上記引用にも「大きなファイル」を取り扱う際にはcharacterの

方が速いことがあると書いてありますよね。

これは、大きなI/O操作が行われる(ブロック型デバイスファイル

が使うバッファサイズより大きい)場合、バッファ操作が逆にネック

になってしまい結果としてキャラクタ型デバイスファイルを使った

ほうが早いことを意味していると思います。

ブロック型デバイスファイルを使ったとき、サイズがバッファサイズ

内に収まるようなデータであればI/O操作はメモリバッファに

書き込んだ時点で終了します。(その後syncerによってディスクに

書き込まれます。ただし本当に書き込んだかどうかの保証はありません。)

メモリとディスクと考えるとやっぱりメモリのほうが速いでしょう。

バックアップを取るツールが1ブロック読んでは1ブロック書く、

という仕様の場合であればブロック型のほうが速い気がします。

と、いうかRAWデバイスを使ってどのように(どのようなツールで)

バックアップを取るのかによって変わってくると思います。