システム管理
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして 

device file名の取得規則について

時折のビジター

device file名の取得規則について

device file名(cxtxdx)の取得規則についての質問です。

たとえば、

たとえばあるパスで

c8t0d0 〜 c8t14d13

まで振られていたとします。

その後、上記範囲中のdevice fileの一部をrmsf等で削除。

次にもう一度そのパスにデバイスを追加して、認識しようとした場合、

デバイスファイルは、削除したした歯抜けの部分から振られる形になるのでしょうか。

実環境が手元にあれば、試せばいいのですが、あいにくありません。

よろしくお願いいたします。

2 件の返信
貴重なコントリビューター

device file名の取得規則について

d13 はありえませんが…。

mksf(1M) の sdisk のところを見ていただくと良いと思いますが、11iv2 までの hp-ux では、

ctd

となっていますので、デバイスファイルが依存するのはカードのインスタンス番号になります。

従って、カードを抜いてその定義を削除しない限りは、c の後の数字は保持されます。

t と d の後の数字はデバイス(HW)側で決定するものなので、デバイス側の設定を変えなければ変化はありません。

従って、歯抜けの部分から振られるのではありませんが、rmsf 前後で名前に違いは発生しません。
時折のビジター

device file名の取得規則について

>d13 はありえませんが…。

確かにありえませんね...失礼しました!

確かにデバイス側の設定を元に戻せば、

tとdの数字は元の歯抜けに戻るので、

歯抜けの部分から埋められているように見えるわけですね。

それと今回、OSのバージョンすら記載しなかったにも関わらず、丁寧な返信感謝いたします。

//Add this to "OnDomLoad" event