システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

KN
貴重なコントリビューター

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

いつもお世話になっております。

B.11.23インストール後、いつの間にか以下のコマンドが実行できなくなってました。(プロンプトが直ぐ返ってきます。)

 ・lvlnboot -v

 ・vgdisplay -v

 ・lvdisplay -v

再起動しても同じ状態でした。

過去の作業ログを確認したところ、以下のコマンドミスに問題がありそうなのですが、どなたかお助け願えないでしょうか?

(/usrのlargefile設定を行なおうとして間違った(OnlieJFSは入ってます。))

# umount /usr

umount: cannot unmount /usr : Device busy

umount: return error 1.

# fsadm -F vxfs -o largefiles /dev/vg00/rlvol7

vxfs fsadm: /dev/vg00/rlvol7 is currently mounted

vxfs fsadm: file system mounted, specify mount point

# fsadm -F vxfs /dev/vg00/rlvol7

nolargefiles

# fsadm -F vxfs -o largefiles /dev/vg00/lvol7

vxfs fsadm: /dev/vg00/lvol7 is not the root inode of a vxfs file system

(set_parmsで時間を確認しようとして間違った)

# set _parms date_time

#

よろしくお願い致します。
5 件の返信
hazelwood
信頼あるコントリビューター

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

原因については心当たりがありませんが、上記の操作でこのあたりがおかしくなるとは思えません。

エラーメッセージも表示されないんですよね?

ブートはできているのだから、ディスク上のVG情報は問題なさそうな気がします。

strings /etc/lvmtab で、設定しているVGとPVが表示されますか?

/etc/lvmtabを別名に変更してから、vgscanを実行したら復旧したりしませんか?
KN
貴重なコントリビューター

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

ご回答どうもありがとうございます。

はい、エラーメッセージは表示されてません。

strings /etc/lvmtabは正常に表示されてます。

# strings /etc/lvmtab

/dev/vg00

/dev/dsk/c0t6d0s2

/dev/dsk/c4t6d0s2

lvmtabが壊れている可能性でしょうか。

次回作業時にvgscanの復旧方法を実行してみたいと思います。
hazelwood
信頼あるコントリビューター

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

残念ながら、/etc/lvmtabがおかしいという確証はありません。

これがおかしかったら、普通、vgdisplayなどはエラーメッセージを出すと思うのです。

無責任ですが、vgscanで直ればラッキーぐらいに思っておいてください。
HASI
頻繁なアドバイザー

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

> fsadm -F vxfs -o largefiles /dev/vg00/lvol7

これが原因に思えますが・・・

fsadm : should be a character device

http://forums1.itrc.hp.com/service/forums/questionanswer.do?threadId=501674

ラージファイルシステムの設定方法

http://h50221.www5.hp.com/cgi/service/knavi/production/doc_disp.cgi?category=541&doc=jnav000247

最悪、シングルユーザモードでブートして、

再作成しないとだめかもしれません。

vgscanを行う前に/usr配下をfbackupでバックアップ

して下さい。可能であればmake_tape_recoveryも
oops
貴重なコントリビューター

lvlnbootやvgdisplayが実行できない

そのオペレーションが直接の原因とは思いにくいですが…

LVM のコマンドは、ほとんどがハードリンクで実体は一つです。

以下のコマンドの結果はどうでしょうか?

# which vgdisplay

/usr/sbin/vgdisplay

# ll /usr/sbin/vgdisplay

-r-sr-xr-x 31 root sys 1163852 Oct 29 18:14 /usr/sbin/vgdisplay

# file /usr/sbin/vgdisplay

/usr/sbin/vgdisplay: ELF-32 executable object file - IA64

# what /usr/sbin/vgdisplay

/usr/sbin/vgdisplay:

$Revision: B11.23.0409LR

コマンドが上書きあれている可能性があるようであれば、/sbin 直下のコマンドを試してみては?

/sbin/lvlnboot

/sbin/vgdisplay

/sbin/lvdisplay

とフルパスで指定したら表示されませんか?

VG のアクティベートが起動中に問題なくできているなら、/sbin のコマンドは壊れてないと思うのですが。