システム管理
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

make_tape_recoveryからのリストアについて

riki
時折のビジター

make_tape_recoveryからのリストアについて



igniteでバックアップを取ったテープからリストアした際に

発生した事象について教えてください。

環境

HP-UX 11.00

ignite-UX C.7.2.94 (pax patch未適用)

/dev/vg00

/dev/dsk/c2t0d0

/dev/dsk/c1t0d0

/dev/vg01

/dev/dsk/c2t2d0

/dev/dsk/c1t2d0

� バックアップを収集(vg00のみ収集)

# /opt/ignite/bin/make_tape_recovery -r -d /dev/rmt/0m

� バックアップテープから同マシンへ上書きリストアを実施

事象

vg01環境はそのまま残ると認識していたが新たにVGIDという

論理ボリュームが勝手に出来てしまった。

lvol1はswap

lvol2はfilesystem



--- Logical volumes ---

LV Name /dev/vg01/lvol1

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 1024

Current LE 256

Allocated PE 512

Used PV 2

LV Name /dev/vg01/lvol2

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 16336

Current LE 4084

Allocated PE 8168

Used PV 2



--- Logical volumes ---

LV Name /dev/vg01/lvol1

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 1024

Current LE 256

Allocated PE 512

Used PV 2

LV Name /dev/vg01/lvol2

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 16336

Current LE 4084

Allocated PE 8168

Used PV 2

LV Name /dev/vg01/VGID

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 1024

Current LE 256

Allocated PE 512

Used PV 2

また、lvremoveにてVGIDとう論理ボリュームを削除したところ以下のようになりました。

--- Logical volumes ---

LV Name /dev/vg01/lvol1

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 0

Current LE 0

Allocated PE 0

Used PV 0

LV Name /dev/vg01/lvol2

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 16336

Current LE 4084

Allocated PE 8168

Used PV 2

VGIDという論理ボリュームが出来た理由を教えていただけないでしょうか?

5 件の返信
sentakuc
時折のアドバイザー

make_tape_recoveryからのリストアについて

お世話になります。

原因はわかりませんが恐らくテープから戻す時にIgniteの仕様上そうなってしまったのではないかと思われます。

Ignite-UXのページになりか有力なヒントがかかているといいのですが・・

http://docs.hp.com/en/IUX/

もしくはインストールログから追跡するのも手だと思います。

/var/opt/ignite/local/install.log

なにかわかりましたらまた書き込みます。
riki
時折のビジター

make_tape_recoveryからのリストアについて

情報ありがとうございます

教えていただいたインストールログを確認しました。vg01関連では以下のようなメッセージが出力されています。

Logical Volume is not defined on any physical volume.

"/dev/vg01/dca84d46a83640" is missing Physical Volumes.

Beginning the import process on Volume Group "/dev/vg01".

Logical volume "/dev/vg01/VGID" has been successfully created

with lv number 1.

Logical volume "/dev/vg01/lvol1" has been successfully created

with lv number 1.

Logical volume "/dev/vg01/lvol2" has been successfully created

with lv number 2.

Volume group "/dev/vg01" has been successfully created.

Warning: A backup of this volume group may not exist on this machine.

Please remember to take a backup using the vgcfgbackup command after activating the volume group.

Activated volume group

Volume group "vg01" has been successfully changed.

Volume Group configuration for /dev/vg00 has been saved in /etc/lvmconf/vg00.conf

Volume Group configuration for /dev/vg01 has been saved in /etc/lvmconf/vg01.conf

教えていただいたURLも確認してみます。

何かわかりましたらまたご教授宜しくお願いします。
Fu_Hi
頻繁なアドバイザー

make_tape_recoveryからのリストアについて

バックアップされているvgのマップファイルが壊れていたのではないでしょうか

vgrxport、vgimport でマップファイルが壊れたとき同じ様になった経験があります。 
sentakuc
時折のアドバイザー

make_tape_recoveryからのリストアについて

お世話になります

fujisawa_h さんのおっしゃるとおりマップファイルになんらかの異常があって今回のような現象が起こったと思われます。

以下のように再現が可能です

<<再現手順>>

(1) 普通に vg と lvol を作成

# vgdisplay -v vg03

--- Volume groups ---

VG Name /dev/vg03

VG Write Access read/write

VG Status available

Max LV 255

Cur LV 1

Open LV 1

Max PV 16

Cur PV 1

Act PV 1

Max PE per PV 2170

VGDA 2

PE Size (Mbytes) 4

Total PE 2170

Alloc PE 2

Free PE 2168

Total PVG 0

Total Spare PVs 0

Total Spare PVs in use 0

--- Logical volumes ---

LV Name /dev/vg03/lvol1

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 8

Current LE 2

Allocated PE 2

Used PV 1

--- Physical volumes ---

PV Name /dev/dsk/c3t15d0

PV Status available

Total PE 2170

Free PE 2168

Autoswitch On

※ この時点では、 /dev/vg03/lvol1 だけあります。

(2) マップファイルを作成して、その後の /dev/vg03 を エクスポート

(3) マップファイルを使用して、vgimport をする際に マップファイルをカスタマイズ

# vi /tmp/vg03.map

<<編集前>>

1 lvol1

<<編集後>>

1 lvol1

1 VGID

# vgimport -v -m /tmp/vg03.map /dev/vg03 /dev/dsk/c3t15d0

# vgchange -a y /dev/vg03

# vgdisplay -v /dev/vg03

--- Volume groups ---

VG Name /dev/vg03

VG Write Access read/write

VG Status available

Max LV 255

Cur LV 1

Open LV 2

Max PV 16

Cur PV 1

Act PV 1

Max PE per PV 2170

VGDA 2

PE Size (Mbytes) 4

Total PE 2170

Alloc PE 2

Free PE 2168

Total PVG 0

Total Spare PVs 0

Total Spare PVs in use 0

--- Logical volumes ---

LV Name /dev/vg03/lvol1

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 8

Current LE 2

Allocated PE 2

Used PV 1

LV Name /dev/vg03/VGID

LV Status available/syncd

LV Size (Mbytes) 8

Current LE 2

Allocated PE 2

Used PV 1

--- Physical volumes ---

PV Name /dev/dsk/c3t15d0

PV Status available

Total PE 2170

Free PE 2168

Autoswitch On

※ /dev/vg03/VGID が作成されました。ポイントは、マップファイルのlvol名の左隣にある数字を一緒にする。あれはlvol のマイナー番号を 表すのでlvol1 と VGID は一緒のマイナー番号を持つ事になります。vgdisplay の 結果 でもアンマッチになっているのが分かります。

Cur LV 1 <-- ディスク上で認識しているlvol の数

Open LV 2 <-- 作成されたデバイスファイル数

よって、まずは該当vg で使用されたマップファイルを 確認した方が良いかと思います。ignite でバックアップを取ったのであれば

/etc/lvmconf/vg名.map が使用されますのでそれをご覧ください。

ちなみにこれがIgnite-UX のせいかどうかはわかりませんでした。

riki
時折のビジター

make_tape_recoveryからのリストアについて

ご返答ありがとうございます。

mapfileが怪しいとのことで、バックアップテープ中のファイルを抽出し確認してみました。

内容は以下のようになっています

# cat /etc/lvmconf/vg01.mapfile

VGID 07dca84d46a83640

1 lvol1

2 lvol2

このファイルを使ってvgimportを試みたところ以下結果となりました(2パターン実施)

(パターン1)

# vgimport -v -m ./vg01.mapfile /dev/vg01 /dev/dsk/c2t2d0 /dev/dsk/c1t2d0

★再現(lvol1,lvol2,VGIDの3つが作成される)

(パターン2)

# vgimport -v -s -m ./vg01.mapfile /dev/vg01 /dev/dsk/c2t2d0 /dev/dsk/c1t2d0

★再現せず(lvol1,lvol2の2つが作成される)

-sオプションを付けるかどうかで変わるようですが、その違いがよくわかりません・・・

Ignite-UXの仕様としては、パターン1のイメージでimportしていることになるんですかね?

また、Ignite-UXのバージョンによってもそのあたりの動作が違うことがあるのでしょうか???