ハードウェア(UNIXサーバー製品)
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

不良セクタの有るDISKを救済できるか?

TLSG01
貴重なコントリビューター

不良セクタの有るDISKを救済できるか?

OS:HPUX 10.20 / 11.iv1

MODEL:B2000/2600 / C8000

顧客に納めたハードディスクに

不良セクタが発生する場合が有ります。

現象としては、

あるファイルをREADすると

SCSI I/O ERROR

になりファイルを見ることができない。

fsckコマンドで復旧できるかと

思いfsck -p /dev/rdsk/**** を

行うがやはりある場所で

SCSI I/O ERROR

となり fsckが終わらない。

「パソコンなら不良セクタを

代替えブロックに自動的に

置き換えてくれるのに」

と思うのですが

HPUXで自動救済する方法は無いのでしょうか?

1 件の返信
Ku_O
レギュラーアドバイザー

不良セクタの有るDISKを救済できるか?

OS に関係なく一般の(FC 含め)SCSI のディスクにはおっしゃられている「不良セクタを代替えブロックに自動的に置き換えてくれる」機能はありますよ。ただし、書き込み時だけです。読み込むときにエラーになったからといって置き換えてしまうと、データは完全に失われてしまいますから、そういうことはしません。

LVM でミラーをはっていたら、読み込みのときにエラーがあっても他のディスクからデータをコピーしてくれます。このコピー時に書き込みできないと、Bad block reallocation(だったかな?)の機能が ON であれば LVM が違うブロックを使ってくれます。

ということで、ある特定のファイルでのみ症状が発生するのであれば、そのファイルを上書きしてみれば解決するかもしれません。

1. ll コマンド等でそのファイルのサイズを確認。

2. prealloc で同じサイズのファイルを作成。

3. 2. で作ったファイルを、オリジナルファイルに上書き。

もしファイルのバックアップがあって、現在のものとサイズがまったく同じであれば、それをリストアすることでもいいです。

同じサイズでないと、物理的に同じアドレスに上書きされるとは限りません。まあアクセスしなければエラーにならないのでそれでも良いかもしれませんが。