Enterprise Topics
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

テストケース簡易アセスメント...その1

ゆもつよ

9月20日に迫った事例セミナーですが、 

 

その中で三菱電機さんの事例紹介があります.この事例では,ツール導入の前にテストケース簡易アセスメント

を行ったのですが,そこで見つかった改善点について改善を続け,成果を維持するためにQualityCenterを

 活用するといったことを行っています.

 

詳しくは事例セミナーにお越しいただき生の声を聴いてほしいのですが,,

 

 

ブログでは,そこでやったテストケース簡易アセスメントってどういうものかを小出しで紹介していきます.

 

このアセスメントは日本HP独自のアセスメントなのですが,テストプロセスすべてに対してではなく,

テストケースのマネジメント状況だけにフォーカスを絞り,以下の視点で改善することを目的に現状把握を

するものです.

 

  − テストケースが適切に用意できているかが把握できる (過不足防止) …可読性

 

  − テストケースの再利用を促進する(無駄なテスト防止) …再利用性

 

 − テスト目的とテスト対象に適合したテスト設計を行える(適切なテスト量設定)…十分性

 

お客様にはテストケースを書いたドキュメントの確認を4時間程度と,テスト設計にかかわるメインの方たち

からのヒアリングを2時間程度で出来る範囲で確認して,評価レポートを作成し(1週間ほど期間をいただいています)

,お渡ししています.

 

#案外集中力が必要で大変です(笑)

 

次回からは,上記の3つの目的に対してどのような観点で確認を行っているかを説明していきます.

0 感謝
作者について

ゆもつよ

コメント
よういちくん

事例研究セミナー2013 ALM へ参加させていただきました。

「SLCP+Wモデル」のコンセプトは、目新しいものはありませんが、実践されていることのご紹介をしていただき、参考になりました。一般的なお話ではなく、事例としてのご紹介でしたので、非常に身近に感じながら拝聴させていただきました。

「テストのリポジトリ化」、やっぱり進めていきたいと、再認識いたしました。

イベント
Read for dates
HPE Webinars - 2019
Find out about this year's live broadcasts and on-demand webinars.
続きを読む
Read for dates
HPE at 2019 Technology Events
Learn about the technology events where Hewlett Packard Enterprise will have a presence in 2019.
続きを読む
すべて表示