HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

あなたの「あったらいいな」で社会を変える アイディアコンテスト最終審査結果

yoko_nagashima

LCP2.jpgPACTのCarrie KejuさんとMark Reilleyさんによる発表

ITの力で社会問題を解決するためのアイディアコンテストLiving Progress Challengeの最終審査が8月3日に米ニューヨークにて開催されました。

コンテストの詳細は過去の投稿をご参照ください。

動画はこちらからご覧いただけます。

ファイナリスト10組による熱のこもったプレゼンの結果、4組が選ばれました。選ばれたアイディアは金融、ボランティア、教育、漁業という多様な分野に関するもので、応募者もNPOからHPEの社員有志まで様々です。

選ばれた4組のアイディアをご紹介します。

 

金融:人々の価値(WORTH)を高める支援 Helping people increase their WORTH

提案者: Pact

世界では金融サービスを利用できず、非公式の融資グループや貯蓄・信用サービスを利用している人が1200万人いると考えられている。このような金融サービスに対し、モバイルアプリによるシンプルで信頼のおける記録保持システムを提供することによって投資対効果を増やし、機会損失コストを削減する。

ボランティア: All For Goodによるボランティアと活動のマッチング Social Volunteer Discovery With All For Good

提案者: Points of Light

All For Goodはボランティア活動や社会貢献をしたい人を繋げるハブとして機能する。機械学習やユーザーエクスペリエンス設計を活用し、良い事をしたい人と社会的課題の最適なマッチングを実現する。

教育:人々をつなげ、よりよい生活を実現 MentorME: Connecting People to Better Lives

提案者: HPE Business Process Improvement Team Guadalajara

高校生の中退は世界各国で問題になっている。モバイルアプリMentor MEは、高校生、大学生と相談相手の大人をつなげる仕組み。このアプリではゲームの手法を用い、多様な条件を設定して自分に最も合ったメンターを探し、さらに成果を記録することもできる。

漁業: 取引情報を違法漁業の撲滅に活用 Detect IT: Fish – Using trade data to fight illegal fishing

提案者: World Wildlife Fund and TRAFFIC

世界の漁獲量のうち30%以上が違法漁業と言われている。WWFによるこの提案では、HPE Verticaを用いたWebベースのツールを通じ、各国間で報告されている水産品の取引データの矛盾を発見することで違法漁業の取引フローを特定する。データの収集、比較、分析は自動的に行われる。これにより長期的な水産資源の保護を目指す。

LPC.jpg

今後、これら4つのアイディアをHPEと世界の開発者コミュニティが開発・実装する予定です。
これにより、2015年12月の開始から1年以内というスピード感で素晴らしいアイディアが現実のものとなります。

HPEは「アイディアエコノミー」と「未来を加速する」を社会貢献の分野でも実践し、2020年までに100万人の生活を改善していきます。

0 感謝
作者について

yoko_nagashima

ヒューレット・パッカード エンタープライズによる環境・社会貢献の取り組み Living Progress についてご紹介いたします。世界規模の取り組みからオフィス周辺地域に密着した活動まで幅広くご紹介します。 * 2015年10月31日以前の投稿は、HP Inc.との分社前の情報を含みます。

イベント
Online Expert Days - 2020
Visit this forum and get the schedules for online Expert Days where you can talk to HPE product experts, R&D and support team members and get answers...
続きを読む
HPE at 2020 Technology Events
Learn about the technology events where Hewlett Packard Enterprise will have a presence in 2020
続きを読む
すべて表示