HPE Blog, Japan
MiwaTateoka

テクノロジーリフレッシュの際は、Windows Server 2019と新しいHPE ProLiantサーバーの組み合わせをご検討ください

新しいHPE ProLiantサーバーにアップグレードすることで、管理タスクの簡素化と自動化を実現し、ハイブリッドクラウドプラットフォームの強固な基盤を構築することができます。HPE ProLiant Gen10およびGen10 Plusサーバーがas a serviceとして提供する卓越した自動化機能、セキュリティ、最適化、および組み込みインテリジェンスを使用したコンポーザビリティによって実現されるメリットです。このブログでは、HPEのサーバーとWindows Server 2019ライセンスの適切な組み合わせについて説明します。

GettyImages-1200558976_800_0_72_RGB.jpg

HPE ProLiantサーバーのアップグレードパス

過去数世代のHPE ProLiantサーバーのポートフォリオでは、その都度お客様のニーズに最良の対処ができるよう製品を改良してきました。次の表を、前世代のサーバーからGen10およびGen10 Plusへアップグレードする際の最適な移行パスを決定するためにお役立てください。

 

HPE ProLiant Gen8

HPE ProLiant Gen9

HPE ProLiant Gen10

HPE ProLiant Gen10 Plus

MicroServer Gen8

なし

MicroServer Gen10

MicroServer Gen10 Plus

ML10 v2

ML10 Gen9

MicroServer Gen10またはML30 Gen10

MicroServer Gen10 Plus

ML310e Gen8 v2

ML30 Gen9

ML30 Gen10

 

ML310e Gen8 v2

ML110 Gen9

ML110 Gen10

 

ML350e Gen8

ML150 Gen9

ML110 Gen10またはML350 Gen10

 

ML350p Gen8

ML350 Gen9

ML350 Gen10

 

DL320e Gen8 v2

DL20 Gen9

DL20 Gen10

 

なし

なし

DL325 Gen10

DL325 Gen10 Plus

なし

DL60 Gen9

DL160 Gen10

 

なし

DL80 Gen9

DL180 Gen10

 

なし

DL120 Gen9

DL160 Gen10

 

DL360e Gen8

DL160 Gen9

DL160 Gen10

 

DL380e Gen8

DL180 Gen9

DL180 Gen10

 

DL360p Gen8

DL360 Gen9

DL360 Gen10

 

DL380p Gen8

DL380 Gen9

DL380 Gen10

 

DL385p Gen8

なし

DL385 Gen10

DL385 Gen10 Plus

DL560 Gen8

DL560 Gen9

DL560 Gen10

 

DL580 Gen8

DL580 Gen9

DL580 Gen10

 

 

Windows Serverのアップグレードパス

アップグレード後のサーバーをOSと組み合わせる場合、お客様の決定が必要な項目がいくつかあります。まず、Windows Serverのエディションを決めましょう。下記のエディションから選択可能です。

 

  • Datacenter: 高度なストレージ、仮想環境、そしてアプリケーション展開を必要とする、ITワークロードが高いあらゆる規模の企業に最適
  • Standard: オンプレミス、物理環境、または小規模な仮想環境で現在運用中で、仮想環境へのフレキシブルな移行を求める企業に最適
  • Essentials: 25ユーザーまたは50デバイスまでの小規模なビジネスに最適。基本的なITニーズのみか、またはITリソースに制限がある企業向け。Windows Server Foundationエディションをお使いのお客様にお薦めのオプションです(Windows Server FoundationはWindows Server 2019のラインアップにはありません)

 

次に、OSのバージョンを決定のためには、お客様にOSのさまざまなバージョンの違いを理解していただくことが重要です。特に、テクノロジーリフレッシュの時期をなるべく先延ばしにしたいと考えているお客様にとって、これは大切なポイントです。アップグレード後のサーバーで、アップグレードされたOSを使用するメリットをお客様に伝えることで、お客様の適切な選択を促すことができます。

 

OSバージョン

物理的OSE

仮想OSE

Windows Server 2019 Standard

1

ライセンスごとに2、それ以上は追加ライセンスで追加

Windows Server 2019 Datacenter

1

無制限

Windows Server 2016 Standard

1

ライセンスごとに2、それ以上は追加ライセンスで追加

Windows Server 2016 Datacenter

1

無制限

Windows Server 2019 Essentials

プロセッサーベース

CALは不要

 

詳細情報:

0 感謝
作者について

MiwaTateoka