HPE Blog, Japan
HPE_Japan

笑顔がつながるHPEの夏 今年もオンラインFamily Day開催

日本ヒューレット・パッカードでは、2011年から毎年夏にご家族にもHPEに親しみ、理解を深めていただくことを目的に、“Family Day”というイベントを開催しています。一昨年までは、江東区の本社オフィスで開催していましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で昨年からはオンラインに切り替えて実施しています。今年も83日(火)に開催、多くの有志社員の協力により、16のライブプログラムと5つのオンデマンドプログラムを提供し、800名以上の社員とご家族が参加し、画面越しにたくさんの笑顔があふれる1日となりました。

そんな楽しいイベントの様子を一部ですが、画像とともに、ご紹介します。HPEのアットホームな一面を感じていただけたら、うれしいです。

 

HPEのテクノロジーを小学生にもわかりやすく!

「世界一うけたいコンピューター教室」はFamily Day恒例の人気企画。弊社エバンジェリスト 古賀政純が、自宅から自前のサーバーとWebカメラを駆使して、日常生活を支えているITの仕組みをわかりやすく解説。一方Aruba事業統括からは4月に入社したばかり新入社員が講師となって、GIGAスクール構想とそれを実現するネットワークの技術について解説し、クイズをしながら理解を深めるプログラムを実施しました。

門用語や英語を使わずに、テクノロジーを紹介するのは、実はなかなか難しいのですが、講師を務める社員が工夫を重ねて練り上げたHPEならではのこれらのプログラムは、子供にも大人にもわかりやすい内容で、皆さん熱心に聞き入っていました。

 FamilyDayComputer2.jpg


アバターになってクイズに参加!オフィスで謎解き!

今年は、参加者がアバターになって画面の中でクイズ大会に参加したり、VRG(カメラ)を装着したアバター(スタッフ)を、参加者が操作しながらオフィス内をめぐって謎解きをする新しいタイプのプログラムも登場しました。アバターの操作に夢中になりながら、楽しいひと時を過ごしていたようです。

 report-ebc1.png

 

うちわや紙ヒコーキの工作やヒップホップで汗を流す

親子で一緒に作る、体を動かすプログラムもFamily Dayでは人気です。透明シールにクリアシールを貼って作る、光るデコうちわのワークショップと、日本航空様にご協力をいただき折り紙ヒコーキ教室を行いました。画面の前で親子そろって一生懸命工作する姿が微笑ましい!

また、プロのダンス講師をお招きしてのリズムダンス教室も、親子でノリノリでした。

report-uchiwa3 (1).png

 

学ぶ、考えるプログラムも充実

持続可能な地球、社会を作っていくためのSDGsの取り組みや、東日本大震災から10年目を迎えた岩手県釜石からの中継も、有志社員の企画で実施されました。今地球や社会が抱える課題をみんなで共有し考えるためのきっかけになるプログラムになりました。

また、自分を描く絵本を作ることで、ダイバーシティを体感するプログラムも好評でした。 
report-sdgs1.png

今年もそれぞれのプログラムで、たくさんの社員とご家族の笑顔に出会えたオンラインFamily Day。今年もまた、夏休みとはいえ遠出がしにくい状況の中で、家族そろって楽しんでいただける機会になったようです。

 

0 感謝
作者について

HPE_Japan

日本ヒューレット・パッカード合同会社マーケティング統括本部公式アカウントです。