HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

絵合わせでSDGs 子ども達に親しんでもらうためのカードを手作りしてみた

yoko_nagashima

IMG_9384.JPGカラフルなので小さいお子さんも興味を持ってくれ、「もう一回!」「まだやる!」とがんばる子も。

環境・社会貢献の世界では今年、各業界を超えて重要なキーワードであったSDGs(国連 持続可能な開発目標)。皆様はニュースなどで目にされましたか?
これは2030年までに世界を変えるための17の目標で、発展途上国だけでなく先進国の格差の拡大なども含め、「誰も置き去りにしない」ことを目指す新しい目標であり、実現にはあらゆる企業やテクノロジーの貢献が必要不可欠となります。
SDGsとは?HPEは何をしている? - 過去の投稿はこちら

そこで先日のHPE / HP Inc. / DXC 社員の家族向けイベントで、小さいお子さんから大人まで、SDGsとHPE Living Progress(環境・社会貢献の取り組み)に親しんでもらうために絵合わせゲームを考案しました。企業の環境・CSR部の皆様やSDGsの普及に関わる皆様、教育ご関係者にも参考にしていただければ幸いです(カードの作り方とコツは末尾にまとめました)。

IMG_9389.JPG準備完了!毎年HPEで開催されているFamily Dayというイベントでは社員の家族が多数来社します。
私も環境・社会貢献の観点から会社に親しみ、好きになってもらうために毎年知恵を絞りますが、あまり法人向けITインフラにおける環境の取組みの紹介をしても小さい子どもたちにはピンとこない点が難しく、あまり費用もかけられない…ということで悩んだ結果、今回はSDGsとHPEの取組みに親しむ神経衰弱ゲームを手作りすることにしました。最小限の費用で手作りしましたので、別の投稿でやり方をご紹介したいと思います。   

こちらがカードを並べたところ。エバンジェリスト山中のサーバー解体ショーの隣に陣取りました。
IMG_9386 (1280x960).jpg裏返したカードをめくって神経衰弱をしてもらいます。IMG_9388.JPG「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」が揃ったところ。

 17の目標はそれぞれ色とアイコンが決まっているので、17x2組、計34枚を1セットとしてカードに印刷しました。裏返したものをテーブルに置き、来場者に神経衰弱を楽しんでもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいお子さん達には絵合わせを楽しんでもらいましたが、小学校高学年以上の来場者で興味を持っている方にはSDGsとHPEの取組みを組み合わせることもやIMG_9385.JPG小学校高学年以上の来場者向けには、さらにSDGsカードとHPEの社会貢献活動カードを合わせてもらいました。ってもらいました。

作成してみて気づきましたが、HPEの重点項目である4目標だけでなく、17個の目標全てに当てはまる社会貢献活動がありました。また、一つの活動が複数の目標に貢献していることも改めて実感できました。
例 お客様のリモートワークを実現することで 働きがい、環境保護(燃料や電力の節約)、ダイバーシティに貢献

学んだこと

  • やはりSDGsを知っている人はまだまだ非常に少ない(ピコ太郎さんのニューヨーク訪問をニュースで見たという人がわずかにいた)。
  • 34枚は多すぎるので、目標1-9と10-17など、2つに分けたほうがよい。
  • 小さい子の場合は神経衰弱ではなく全て表にしておき、絵合わせだけ楽しんでもらうとよい。

 当日は社員ボランティアの協力も得て、来場者それぞれの楽しみ方でSDGsに親しんでいただきました。 このような活動を通じて少しでもSDGsとHPEの取組みが広まれば幸いです。

 

SDGsの普及活動をされる方向け カードの作り方とコツ

  • カードの作り方
  1. 家電量販店でカード用用紙を購入
    会社で印刷するため、レーザープリンタ用の光沢ありハガキ用紙にしました。
  2. 原稿をMicrosoft PowerPointで作成
    スライドサイズをハガキにしてから印刷用原稿を作成します。
    SDGsアイコンは公開されています。
  3. 会社のプリンターで手差し印刷
    きれいにできました。ちなみにレーザープリンター用の用紙をオフィス向けインクジェットプリンターで印刷してしまい1枚無駄にしました。手差しの際は用紙の上下や表裏にも気をつけましょう。
  • そのほか用意すると良いもの
    SDGs動画、当日用のポスター、呼び込み用予備カード、当日スタッフ用資料、配布用資料、来場者用お土産

まだまだ一般には知られていないSDGs、普及に携わる方の参考になれば幸いです。

0 感謝
作者について

yoko_nagashima

ヒューレット・パッカード エンタープライズによる環境・社会貢献の取り組み Living Progress についてご紹介いたします。世界規模の取り組みからオフィス周辺地域に密着した活動まで幅広くご紹介します。 * 2015年10月31日以前の投稿は、HP Inc.との分社前の情報を含みます。