HPE Blog, Japan
shingoyamanaka

5分で体感、HPE SimpliVityの秒速バックアップ

HPEのハイパーコンバージド、HPE SimpliVity。2018年末で日本国内ですでに約300社のお客様にご利用いただいております。

「この秒速バックアップが欲しくて買ったんだ!」

百聞は一見に如かず。5分でその秒速バックアップを体感いただけるデモビデオをご用意しました。

①ローカルバックアップ編

約500GBのディスク容量を持った仮想マシンを丸ごと、HPE SimpliVityの内部にバックアップを行います。1秒で終わります。

(ビデオに解説の音声が入っていますが、字幕もありますので音声無しで閲覧いただいても理解いただけます。)

https://www.hpe.com/h22228/video-gallery/us/en/700000804/JA/JP/356dea52-b0da-44fe-b760-a478fb306427/hpe-simplivity--/video 

 

エクセル作業の途中で保存する、というくらい簡単にバックアップが取れることがご理解いただけるかと思います。

この速度であれば、変更作業前に気軽にバックアップが取れますよね。

②リストア編

①で取得したバックアップを利用して、約500GBのディスク容量を持った仮想マシンのリカバリを行います。1秒で終わります。

https://www.hpe.com/h22228/video-gallery/us/en/700000804/JA/JP/d6d7da2c-2cae-48c4-889d-2c5e4c59ebb5/hpe-simplivity--/video 

 

笑っちゃうくらい、高速です。

同じ名前で戻せばリストアですし、違う名前で複数戻せば、秒速で仮想マシンのクローニングも可能です。

③リモートバックアップ編

約9,000Km離れたバックアップ先に、500GBの仮想マシンを丸ごとリモートバックアップをしてみます。こちらも1秒で終わります。

https://www.hpe.com/h22228/video-gallery/us/en/700000804/JA/JP/09a137b3-1e1d-45e7-b249-f30f32ee754f/hpe-simplivity--/video 

技術的には差分の転送を行うのですが、500GBの容量の差分の検知だけでも普通はかなりの時間がかかりますが、1秒で終了しています。

HPE SimpliVityの秒速バックアップ、体感いただけましたでしょうか?

では、なぜこんなことが出来るのでしょうか?

ご興味のある方はぜひ、下記の記事も合わせてお読みください。

「10分で理解!HPE SimpliVity なんで秒速バックアップが可能なのか?」

https://community.hpe.com/t5/Enterprise-Topics/10%E5%88%86%E3%81%A7%E7%90%86%E8%A7%A3-HPE-SimpliVity-%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E7%A7%92%E9%80%9F%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%8C%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B/ba-p/7037292#.XH_NA4gzaHs

 

 

0 感謝
作者について

shingoyamanaka

2003年よりHP BladeSystem, HP Superdomeの日本でのプロダクトマネージャーを務めた後、2012年から4年間、日本を含めたアジア地区のSuperdome X Product Managerを務める。2016年12月から、日本ヒューレット・パッカードの総合エバンジェリストに就任し、様々な製品を紹介。2017年11月より、ハイパーコンバージド製品の日本でのプロダクトマネージャー。2021年より、SDS(Software Defined Storage)製品のCategory Managerに着任。自称ハードウエアオタク。