HPE Blog, Japan
MiwaTateoka

Microsoft AMD Pilot Program、より経済的なWindows Server 2019のライセンスをHPE ProLiantサーバー向けに提供

GettyImages-1010593510.jpgHPEMicrosoftAMD3社が連携して、きわめて経済的かつエネルギー効率に優れたシングルソケット/デュアルソケットのHPE ProLiantサーバーの購入時に、大幅にライセンスコストを削減可能な期間限定のHPE OEM Windows Server® 2019ライセンスを提供します。

 

2021430までの期間に、HPE ProLiant Gen10およびGen10 Plusサーバーの購入時に48および/または64コア構成のAMD® EPYC™ 7002シリーズプロセッサーを選択する企業のお客様には、HPE OEM Windows Server 2019StandardおよびDatacenterライセンスコストが最大50%削減される特典が適用されます。このライセンスコストの削減に加え、お客様は高コア数のAMDプロセッサーによる性能とエネルギー効率のメリットを得ることができます。

 

Microsoft AMD Pilot Programライセンスに最適なユースケースには、以下のようなものがあります。

  • Hyper-V®による既存の仮想化環境がある組織
  • 仮想化ワークロードの大部分をWindows Server®の仮想マシン (VM) で実行している組織
  • リモートオフィス/ブランチオフィス (ROBO) の拠点や、モノのインターネット (IoT) 導入環境がある組織

 

このプログラムの対象となるHPE ProLiantサーバーは、HPE ProLiant DL325 Gen10/Gen 10 PlusおよびHPE ProLiant DL385 Gen10/Gen10 Plusです。このプラグラムが適用されるライセンス要件にはプロセッサーごとに32コア以上である必要がありますが、すべてのコアが有効になっているようにご注意ください。また、Microsoft AMD Pilot Programは、HPE ProLiantサーバーの新規購入時のみ適用可能であることにもご注意ください。なお、サーバー購入後にライセンスを他のサーバーに移行することはできません。

 

 

この魅力的なプログラムの詳細については、以前のブログ記事をお読みください:

 

 

0 感謝
作者について

MiwaTateoka