HPE Blog, Japan
MiwaTateoka

Microsoft Hyper-Vを使って、わずか25クリックで仮想化できます

仮想化はもはや大企業だけのものではありません。中堅・中小企業 (SMB) でも、仮想化によってリソースの統合と最適化を行うことで、ハードウェア、ソフトウェアライセンス、メンテナンスにかかるコストを削減できます。もちろん、SMBにとって仮想化が意味のあるものになるためには、手ごろな価格で調達でき、導入と管理が容易である必要があります。そこで登場するのが、HPE ProLiantサーバーとWindows Server 2019です。

 

 

Hyper-VでWindows Server 2019を実行するHPE ProLiant Gen10サーバーは、手頃な価格で仮想化を簡単に導入・拡張できる完璧なソリューションです。まず、HPE Windows Server 2019のライセンスには、Hyper-Vの役割が含まれています。Windows Server 2019は、オンプレミスとクラウドの間を橋渡しする働きをし、Windows Admin Center (WAC) など、仮想化の管理に役立つ多くの新機能と改善された機能を提供します。

 

Hyper-Vを使用すると1台のサーバー上で複数のオペレーティングシステムを実行できるため、ニーズの高まりに備えながら、より少ないリソースでより多くのことができるようになります。サーバーとオペレーティングシステムの進歩により、同じサーバー上でより多くのワークロードを実行しても、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。仮想化にはライセンスコストを最適化する効果があるため、さらなるコスト削減につながります。

 

仮想化の導入をさらに簡素化するために、当社はHPE Small Business Solutions for Virtualizationも提供しています。このソリューションは、Hyper-VでWindows Server 2019を実行するHPE ProLiant Gen10サーバー上に構築された検証済みソリューションのバンドルです。すべてのエンジニアリング作業が事前に完了しており、使用を開始するために必要なあらゆる情報を提供する展開ガイドとリファレンス構成が公開されています。

 

ソリューションが用意できたら、始めるのは簡単です。このクイックビデオでは、Hyper-Vを使用し、わずか25回のクリックで簡単に仮想化を始める方法を紹介しています。

0 感謝
作者について

MiwaTateoka