HPE Blog, Japan
Masazumi_Koga

OSS-DB技術者必見!篠田の虎の巻「Citus 10 検証結果」を公開!

citus10_20210902-1-4-3.pngCitrusは PostgreSQL上のデータを複数ノードに分散し、スケールアップによるスループットの向上を可能にします。PostgreSQLのエクステンションであるため既存のシステムのスケールアップが可能です。

3年前の2018年、PostgreSQLの拡張機能であるCitusの検証資料を公開しましたが、Citusは、この3年間の間に、Microsoftに買収され、Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus)  の基礎技術として使われるようになりました。同時にオープンソース版のCitusも順調に機能を増やしています。

先日公開されたCitus 10では、列指向テーブルの機能が追加されました。これはテーブルのデータを列単位に圧縮して保存する機能で、Verticaが得意とするフォーマットです。複数ノードに分散させることで簡易的なVerticaに似た分析RDBMSを構築できます。

Citus 10の主な新機能は以下の通りです。

  • 列指向テーブル(Columnar Table
  • データのオンライン・リバランス 

データベースのスペシャリストであるHPEの篠田が、上記の新機能に加え、従来からの部分についても再調査し、「Citus 10 検証結果」として調査結果をリリースしました。是非ご活用ください。

Citus 10 検証結果のダウンロードは、こちら

Masazumi Koga (Twitter: @masazumi_koga)

0 感謝
作者について

Masazumi_Koga

Hewlett Packard Enterprise認定のオープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストの古賀政純が技術情報や最新トピックなどをお届けします。保有認定資格:CCAH(Hadoop)/RHCE/RHCVA/Novell CLP/Red Hat OpenStack/EXIN Cloud/HP ASE DataCenter and Cloud等