HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Windows Server 2019のダウングレード権およびダウンエディション権とは

Windows Server® 2012が昨年サポート終了となったのに伴い、多くのお客様がWindows Server 2019に既に移行したか、近い将来に移行を予定しています。まだ移行していないお客様はWindows Server 2019を使用するためのライセンスの権利について興味を持っているはすです。Windows Server 2019は、従来のアプリケーションのサポートを続けながら、オンプレミスとクラウドを橋渡しするオペレーティングシステムです。利用できるライセンスの権利には、「ダウングレード権」および「ダウンエディション権」があります。

 

ダウングレード権およびダウンエディション権を行使すると、お客様が購入した最新のWindows Server製品のライセンスで、以前のバージョンまたは下位のエディションのWindows Serverを実行することができます。最新のテクノロジーに対応していないレガシーのビジネスアプリケーションを引き続きサポートすることができます。購入したWindows Serverライセンス環境への移行準備が整ったら、簡単にWindows Server 2019へ使用するライセンスを戻すことができます。

 

  • ダウングレード権を行使すると、お客様はライセンスが付与されたバージョンよりも以前のバージョンのWindows Serverを使用可能です。例えば、Windows Server 2019 Standardのライセンスで、Windows Server 2016 Standardを実行できます
  • ダウンエディション権を行使すると、お客様はライセンスが付与されたエディションよりも下位のエディションのインスタンスを実行可能です。例えば、Windows Server 2019 Datacenterのライセンスで、Windows Server 2019 Standardを実行できます

 

この機能をより柔軟に活用するために、ダウングレード権とダウンエディション権を組み合わせて使用することも可能です。お客様がWindows Server 2019 Datacenterのライセンスを購入した場合、ダウングレード権およびダウンエディション権を行使してWindows Server 2016 Standardの仮想マシン (VM) を展開することができます。

 

ダウングレード権およびダウンエディション権を行使することでお客様のアプリケーション移行のシナリオがシンプルになり、Windows Server 2019のすべての新機能のメリットを活用しながら、ビジネス運営上重要なレガシーのビジネスアプリケーションを引き続きサポートできます。これらの権利は、最新のオペレーティングシステムへの切り替えにより使用できなくなるものが発生することによる問題を回避するのにも役立ちます。

 

お客様が新規のHPE ProLiantサーバーの購入に伴ってHPE OEM Windows Serverライセンスを購入する際、ダウングレードを手配することができます。最も一般的なダウングレードキットオプションの手配方法は、サーバーと一緒にDVDインストールメディアとプロダクトキーを工場から一緒に出荷手配することです。

 

ダウングレード権およびダウンエディション権は、サーバー購入後にHPEのダウングレードフルフィルメントポータルからリクエストすることもできます。ただし、製品ライセンス条件の下で許諾される特定の製品のみに適用されることにご注意ください。また、HPEから入手できるダウングレードキットは、HP、HPE、または当社の認定リセラーから直接購入したWindows Serverライセンスと使用する場合のみを対象とします。

 

HPE OEM Windows Server 2019のダウングレード権およびダウンエディション権を行使することでアプリケーション移行がシンプルになり、お客様はレガシーアプリケーションを引き続きサポートし、確信をもって最新のWindows Server製品に移行できるようになります。

0 感謝
作者について

MiwaTateoka