HPE Blog, Japan
MiwaTateoka

Windows Server 2019の追加ライセンスについて

以前にMicrosoft®Windows Server®ライセンス構成が変更された結果、企業は使用するサーバーの規模にあわせて、、必要なライセンスだけを購入することができるようになりました。ほとんどの組織は、サーバー1台にまずは1つの基本ライセンスが必要であることをご存じでしょう。ライセンスには、Certificate of Authenticity (COA)、ライセンスキー、ソフトウェア使用許諾条件が含まれます。このライセンスは、1台のサーバーの16コアをカバーします。これはサーバーごとに必須のコアライセンスの数で、サーバーに搭載されたプロセッサのコア数が17以上の場合、そのコア数にあわせたライセンスが必要です。Windows Server 2019 Standard Editionのベースライセンスには、2つの仮想マシン (VM) も含まれます。Windows Server 2019 Datacenter Editionの場合は、サーバーのすべての物理コアにコアライセンスが充当されていれば、無制限のVMが使用可能です。

サーバーのコア数が16を超えるか、VM数が2を超える (Standard Editionの場合) 場合は、コア追加ライセンスが必要となります。コア追加ライセンスの仕組みを以下で説明します。

GettyImages-1195571217_16x9_1600_0_72_RGB.jpg

Windows Server 2019 Standardのコア追加ライセンス

  • サーバーのコア数が16を超える場合: 最小要件の16を超えるすべてのコアに対してコア追加ライセンスが必要です。20コアのサーバーの場合は、ベースライセンス1つ (16コア分) と4コア分のコア追加ライセンスが必要です
  • サーバーのVM数が2を超える場合: サーバーのすべての物理コアにライセンスが充当されるごとに、追加で2つのVMが使用可能になります。16コアのサーバーで4つのVMを使用する場合は、コア追加ライセンスが16必要です

 

HPE OEM Windows Server 2019 Standardのコア追加ライセンスは、サーバーと同時に、または、後からでも購入することもできます。後追いで単独購入が可能なライセンスはAPOS (After Point of Sale) ライセンスと呼ばれています。APOSライセンスは、すでにWindows Server 2019 Standardのベースライセンスが充当されている別のサーバーに、90日に1回、再割り当てできます。

Windows Server 2019 Datacenterのコア追加ライセンス

  • サーバーのコア数が16を超える場合: 最小要件の16を超えるすべてのコアに対してコア追加ライセンスが必要です。20コアのサーバーの場合は、ベースライセンス1つ (16コア分) と4コア分のコア追加ライセンスが必要です
  • サーバーのVM数が2を超える場合: Datacenter Editionには無制限のVM実行権が含まれているので、コア追加ライセンスは不要です

 

重要なこととして、Windows Server Datacenterのコア追加ライセンスは、ベースライセンスおよびHPEサーバーと同時に購入する必要があります。

 

HPEからのコア追加ライセンスの購入

HPE OEM Windows Server 2019 StandardおよびHPE OEM Windows Server 2019 Datacenterのコア追加ライセンスは、2416コア単位で提供されています。コア追加ライセンスは紙製のライセンス証書で、台紙にCOAステッカーが貼付された状態で納品されます。

 

百もご承知かと思いますが、再度あらためて。HPE ProLiant Gen10サーバーを購入されるお客様には、より高い柔軟性、強化されたセキュリティ、さらなるイノベーションのためにWindows Server 2019を一緒に導入されますようおすすめください!

 

詳細をご確認ください。

以下の有用なリソースをご覧ください。

 

0 感謝
作者について

MiwaTateoka