HPE Blog, Japan
Reina_Yamashita

【vol.3】HPE検証センターの若手エンジニア.log

皆さん、こんにちは。日本ヒューレット・パッカードでプリセールスをしております山下です。もう早くも秋になってしまいましたが、今回は7月に入荷したばかりのHPE ProLiant  DL360 Gen10 Plusの様子をお見せしたいと思います!

今度の新モデルは従来のHPE ProLiant Gen10モデルの上位モデルであり、これまで備わっていた包括的なセキュリティやインテリジェントマネジメントの自動化といった特徴はそのまま、以下のような機能が加わりました。最新のサーバー機材として検証の際の参考にしていただければと思います。

  • 第3世代のインテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーに対応
  • PCIe Gen4に対応し、帯域幅とスループットが向上
  • 業界標準のOCP3.0ネットワークアダプターに対応
  • NVMe/SAS/SATAドライブをRAID対応するTri-Modeコントローラーをサポート

 

HPE ProLiant Gen10とHPE ProLiant Gen10 Plusは併売しているのでシステムの要件に合わせてご提案が可能です。

それではソリューションセンターに新に加わった32台の機材を見学していただきます!

HP-_05.jpg

 

HPE ProLiantシリーズはソリューションセンター正面入り口から入って、左手に位置しており、ラックのドアは取り外し可能となっています。

IMG_1304.jpg

 

ドアが開いているところがHPE ProLiant DL360 Gen10 Plusのラックなようです…!近づいて見ましょう。

IMG_1309.jpg

 

表面には「ベゼル」と呼ばれるカバーが付いていない状態なので、HDDが並んでいるのが直でよく見えますね。青く光っている部分を引っ張るとモニターが出てくるので、そこでiLOのIPアドレスを設定して、リモートからでもアクセスできるように初期設定をします。

IMG_1306.jpg

 

さらに近づいて見ると、右下のラベルで、確かにこの機材がHPE ProLiant DL360 Gen10 Plusであることが確認できます。

IMG_1307.jpg

 

HPE ProLiant Gen10 PlusにはSmartアレイ,SmartRAID,MegaRAIDの3パターンのアレイコントローラーが、搭載出来るようになりました。ソリューションセンターでは各コントローラーの検証が出来るように、今後すべてのコントローラー搭載のHPE ProLiant Gen10 Plusを配備する予定です。

また、HPE ProLiant DL380 Gen10のユーザーガイドを動画で解説しているシリーズを、ソリューションセンターの先輩が制作しています。サーバーのコンポーネント用語については以下の動画が参考になると思うので一度ご視聴いただければと思います。

【第1回】HPE ProLiant DL380 Gen10 サーバーユーザーガイドを解説します ~外部コンポーネント編~

 

次回はこのシリーズの【第2回】の撮影の様子をお届けします。他では見られないレアな内容になる予定なのでお見逃しなく!

作者について

Reina_Yamashita