System Management
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

キャッシュヒット率について

ISD
アドバイザー

キャッシュヒット率について

どうもです。

HP-UX11を使用しているのですが、

キャッシュヒット率が低いのです。

確認は"sar -d"を使いました。

これが低いというのはどういう

状況なのでしょうか?

あとどうすれば良いのでしょうか?

カーネルとかを変更するのですかね?

だれか詳しい方教えて下さい。

宜しくお願い致します。

3 件の返信
oops
貴重なコントリビューター

キャッシュヒット率について

バッファキャッシュヒット率なら、sar -b ではないでしょうか?

バッファキャッシュヒット率ですが、read で常に 80% を割り、write で常に 60% を割るのであれば、低いと言えるかもしれません。これも一つの指標で、ファイルシステムの IO性能に問題がでていないのであれば、別に大丈夫だとは思いますが。

対処としては、バッファキャッシュを大きくすることです。しかし、バッファキャッシュを大きくすると、user プログラムで使用できるメモリが減ってしまうので、その辺りのトレードオフが難しいと思います。

もし sar -d ということであれば、具体的にどこを見ているのか教えていただけませんか?

ISD
アドバイザー

キャッシュヒット率について

早速の返信ありがとうございました。

&申し訳ございません。

"sar -b"の間違いです。

ちなみにリードキャッシュの

アベレージは40%前後です。

カーネルは何を変えてあげれば

良いのでしょうか?

あとそれによるデメリットを

具体例に教えて下さい。

宜しくお願いします。
oops
貴重なコントリビューター

キャッシュヒット率について

カーネルパラメータについての説明(11.00)は以下のURLになります。各リリースごとにあるので、該当リリースのものを見るといいと思います。

http://docs.hp.com/ja/4434/html/KCparams.OverviewAll.html

ここの"ファイル・システム・バッファ・キャッシュに関する構成可能パラメータ"を見てください。default では DBC(Dynamic Buffer Cache)になっていると思いますので、通常 dbc_min_pct と dbc_max_pct というパラメータでチューニングすると思います。この範囲外になる場合は、bufpages を使って固定にするしかないでしょう。nbuf は使わない方がいいです。上記している URL でもそう書いてあります。

現在の buffer cache や物理メモリのサイズですが、glance とかを使われているのであれば、簡単にわかりますが、もしglance を購入されていないのであれば、以下のように調べるしかないと思います。

参考に実行結果をのせておきます。

物理メモリサイズの確認方法は ITRC の技術情報ベース(KBRC00001146)にあります。

# echo "phys_mem_pages/D" | adb64 -k /stand/vmunix /dev/mem

phys_mem_pages:

phys_mem_pages: 1048576

1048576x4KB=4GBです。

# sysdef | grep dbc

dbc_max_pct 15 - - -

dbc_min_pct 5 - - -

この場合、buffer cache の最小は物理メモリの 5%、最大は物理メモリの 15% の間で可変で、4GB の物理メモリであれば、256MB〜2GB いうことになります。

で、現在のサイズがどれくらいかというと、

# sysdef | grep bufpages

bufpages 157286 - 0- Pages -

(この bufpages はチューナブルパラメータの bufpages とは違います。)

157286*4KB=614MB になります。

バッファキャッシュを大きくすることによるデメリットですが、物理メモリを動的な視点でみると、以下のように表せます。

物理メモリ = user で使用するメモリ + system(カーネル)で使用するメモリ + バッファキャッシュ + freeメモリ

したがって、先にも書いたように、バッファキャッシュを大きくすると、user プログラムやカーネルで使用できるメモリが減ってしまうということです。これにより、キャッシュヒット率があがって、ファイルシステムIOの性能があがっても、user プログラムが使用できるメモリリソースが減ってしまうことで、結局は性能が落ちてしまうことも考えられます。この辺りのトレードオフをどうするかが、チューニングの最も難しいところです。物理メモリサイズや空きメモリサイズとともに、ファイルシステムIO依存なアプリなのか、メモリ依存なアプリなのかということも考えて、値を決める必要があります。

システムパフォーマンスチューニングに関する書籍はたくさん出ているので、じっくり読まれたほうがいいと思います。私は O'Reilly の System Performance Tuning という書籍を愛用しています。