System Management
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

KN
貴重なコントリビューター

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

いつもご利用させていただいております。

ミラー元ディスクに障害が発生し、ディスク交換、ミラー復旧した後、lvlnboot結果が、初期状態と異なってしまいます。

ミラー元ディスク:c1t15d0

ミラー先ディスク:c3t15d0

<障害前>

# lvlnboot -v

Boot Definitions for Volume Group /dev/vg00:

Physical Volumes belonging in Root Volume Group:

/dev/dsk/c1t15d0 (0/0/1/1.15.0) -- Boot Disk

/dev/dsk/c3t15d0 (0/0/2/1.15.0) -- Boot Disk

Boot: lvol1 on: /dev/dsk/c1t15d0

/dev/dsk/c3t15d0

Root: lvol3 on: /dev/dsk/c1t15d0

/dev/dsk/c3t15d0

Swap: lvol2 on: /dev/dsk/c1t15d0

/dev/dsk/c3t15d0

Dump: lvol2 on: /dev/dsk/c1t15d0, 0

<復旧後>

# lvlnboot -v

Boot Definitions for Volume Group /dev/vg00:

Physical Volumes belonging in Root Volume Group:

/dev/dsk/c3t15d0 (0/0/2/1.15.0) -- Boot Disk

/dev/dsk/c1t15d0 (0/0/1/1.15.0) -- Boot Disk

Boot: lvol1 on: /dev/dsk/c3t15d0

/dev/dsk/c1t15d0

Root: lvol3 on: /dev/dsk/c3t15d0

/dev/dsk/c1t15d0

Swap: lvol2 on: /dev/dsk/c3t15d0

/dev/dsk/c1t15d0

Dump: lvol2 on: /dev/dsk/c3t15d0, 0

復旧後の状態のままでも、運用には問題ないと思うのですが、初期状態に戻す方法はございますでしょうか?

どなたかご教授お願いします。
5 件の返信
masaakio65
レギュラーアドバイザー

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

c1t15d0が壊れたディスクだと思いますが、再度c3t15d0が壊れたものとみなして同じ作業をすればいいと思います。

見た目にこだわる必要はないと思いますけど。。。

KN
貴重なコントリビューター

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

ご返信ありがとうございます。

やはり、再度実施するしかないですかね・・

一番気になるのがdumpがミラーされないので、ダンプ領域が初期の設定のオルタネート側のディスクになってしまうということなんです。

そうなんですよね。見た目にこだわる必要ないのですが、例えばユーザから元に復旧して欲しいのような要望がきた場合にどうしようかと。

運用に問題はありませんとの説明が通じればいいのですが・・
cube0015
レギュラーアドバイザー

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

ちょっとひらめきまいした。

(1)mkboot(1M)で再度LABELをコピーする

(2)「lvlnboot -R」でシステムボリューム情報を再設定

これじゃ、うまくいかんですかね?
KN
貴重なコントリビューター

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

ご提案ありがとうございます。

ちょっと試してみます。
KN
貴重なコントリビューター

ミラー元ディスク復旧後のlvlnboot結果について

cube0015さんのアドバイスのとおり、以下を実行しました。

# mkboot /dev/rdsk/c1t15d0

# lvlnboot -R /dev/vg00

すると、lvlnboot -vの結果が初期状態(dump領域がc1t15d0上にある)に戻りました。

# lvlnboot -v

Boot Definitions for Volume Group /dev/vg00:

Physical Volumes belonging in Root Volume Group:

/dev/dsk/c3t15d0 (0/0/2/1.15.0) -- Boot Disk

/dev/dsk/c1t15d0 (0/0/1/1.15.0) -- Boot Disk

Boot: lvol1 on: /dev/dsk/c3t15d0

/dev/dsk/c1t15d0

Root: lvol3 on: /dev/dsk/c3t15d0

/dev/dsk/c1t15d0

Swap: lvol2 on: /dev/dsk/c3t15d0

/dev/dsk/c1t15d0

Dump: lvol2 on: /dev/dsk/c1t15d0, 0 ★

どうもありがとうございました。