System Management
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

監視ログファイルの切り替え

kuni3
時折のコントリビューター

監視ログファイルの切り替え

監視システム(audit)を起動して、ログが作成されるのですが、一次ログから二次ログに切替わった後、二次ファイルサイズが切替え設定値を超えてもそのまま大きくなり続け、下記のようなメッセージを出し続けます。

二次ログから、また一次ログへ、そしてまた二次ログへと、交互に切替わるとイメージしているのですが。

切替わる前の”次のファイル”に対してNULL設定ができない様な感じがします。

補助ログファイル(二次)は、一次に切替わらないのは、もともとの仕様なのでしょうか。

良い運用方法があれば、教えてください。

-----------------

Current audit file size is 4132 Kilobytes.

An attempt to switch to the backup file faile.

Must specify a backup now.

: :

-------------------

各設定ファイルは、下記の様に記述されています。

/etc/rc.config.d/auditing:

PRI_AUDFILE=/.secure/etc/audfile1

PRI_SWITCH=1000

SEC_AUDFILE=/.secure/etc/audfile2

SEC_SWITCH=1000

: :

AUDOMON_ARGS=" -p 20 -t 1 -w 90"



/.secure/etc/audnames:

/.secure/etc/audfile1,1000

/.secure/etc/audfile2,2000

OSは、HP−UX、10.20と11.00両方で、同じ現象です。

どなたか、ご教授お願い致します。
2 件の返信
cf
レギュラーアドバイザー

監視ログファイルの切り替え

auditの設定では、1次から2次には切り替わりますが、2次ファイルが一杯になっても1次には切り替わらないのが仕様のようです。

HP-UX システム/ワークグループの管理

http://docs.hp.com/ja/B2355-90951/ch08s09.html?btnNext=%8E%9F%82%D6%26nbsp%3B%81%E2

監査ログファイル

監査システムの運用のためのガイドライン

毎日チェックして(!!)、ファイルオーバーフローがおきないようにしなさい。 とのことです。
kuni3
時折のコントリビューター

監視ログファイルの切り替え

返信ありがとうございました。

ガイドラインを再度、確認の上、運用を考えてみます。