System Management
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

HPUX11iv1 C8000のbootが遅い

TLSG01
貴重なコントリビューター

HPUX11iv1 C8000のbootが遅い

OS:HPUX11.i v1

MODEL:C8000

電源投入後の

auto_parms実行項目中の内

Configuring HP Fibre Channel FCD Mass Storage interfaces\n

Output from "/sbin/rc2.d/S990fc_fcd start":\n

がにはなるのですが

約1分待たされます。

Fibre Channel が何物なのか

理解していないのですが

たぶん使っていないと思います。

C8000を使用している他の方も

Configuring HP Fibre Channel FCD Mass Storage interfaces

で1分待っているのでしょうか?

3 件の返信
K_K
時折のアドバイザー

HPUX11iv1 C8000のbootが遅い

私も原因はわかりませんが"Configuring HP Fibre Channel FCD Mass Storage interfaces"は長いですよ。1分ぐらいかかります。サーバの場合はもう少し早い気がしますが…ワークステーションでは他のb2600などのほうが時間がかかります。もちろんマシンスペックがc8000とは違うのでその分c8000のほうが早いんでしょうけど。

cf
レギュラーアドバイザー

HPUX11iv1 C8000のbootが遅い

このスクリプトは、ファイバーチャネルのインターフェースが刺さっているかどうかを確かめて、刺さっていたら構成するためのもののようです。

ファイバーチャネルのインターフェースを使われていないのであれば、このスクリプトを無効にされても良いのではないでしょうか?

一般に米国のコンピュータは、電源は入れっぱなしを想定して開発されているような気がします。私たちのように、会社を出る際には電源を落とすような使い方は、してないみたいなので、起動時の遅さを気にしていないのではないでしょうか。
yoshimura
レギュラーアドバイザー

HPUX11iv1 C8000のbootが遅い

ファイバーチャネルは主にストレージ装置を接続するインター

フェイスで、同軸ケーブルや光ファイバーを利用して接続します。

大容量、大量のディスクやテープ装置を接続するなどの用途に

使われ、最近のサーバシステムでよく使われるインター

フェイスです。

c8000 のようなワークステーションでは、多分大量の

ディスク装置などを使うラックマウントして使うような

構成では無いでしょうから、多分従来の Ultra SCSI の

接続のみでファイバーチャネル接続のディスクやテープ装置は

使ってないでしょう。

ioscan -fk の出力で "fc" とか "Fibre Channerl" とかの

キーワードが無ければ「使っていない」と判断していいんじゃ

ないかと思います。

> ファイバーチャネルのインターフェースを使われていないので

> あれば、このスクリプトを無効にされても良いのではないで

> しょうか?

/etc/rc.config.d/fc_fcd_conf というファイルがその

スクリプトの設定ファイルみたいです。

スクリプトを無効にするにはこのファイルの中の

"FC_FCD_START" の変数を "0" にすればいいと思います。