System Management
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

fabackupの使用方法に関しまして

HP-UX修行中
時折のアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

はじめまして、HP-UX修行中と申します。

fbackupの-fオプションにディスク上の

ディレクトリを指定して実行したところ、「/tmp/backup はバックアップに適切なデバイスはありません」とメッセージが返ってきて、実行ができません。

ピアソン・エデュケーションのシステム管理の書籍には、バックアップ先にテープでなくディレクトリを実行した例はありましたが、この書籍が間違いなのでしょうか。それとも何か設定等によって実行できるようになるのでしょうか。

また、ディスクへのバックアップをする別の手立てがあれば、ご教示ください。

ただし、tarを使用するというのは除外です。

なぜ、テープに直接実行しないのかといいますのは、バックアップ対象のサーバには専用のテープ装置がなく、ネット上でドライブを共有していて、ディスクに作成したバックアップイメージをテープに落とすような運用をする為です。

【環境】

サーバ:rx1620

OS:HP-UX 11iv2

【実行コマンド例】

fbackup -0 -f /tmp/backup -g グラフファイル名 -I インデックスファイル名

以上、長文になってしまいましたが

先達の方々、アドバイスをお願いします。
10 件の返信
hazelwood
信頼あるコントリビューター

fabackupの使用方法に関しまして

fbackupでディスク上にアーカイブファイルを作るには、-fオプションでレギュラーファイルを指定すれば可能です。

ただし、以下の点(fbackupのman pageの抜粋)から、これをテープデバイスを指定した場合とは同一にはなりません。

+ 磁気テープデバイスを使用する場合は、主要な情報(テープラベル、

ボリュームヘッダ、インデックス、データ)のブロックは、EOFマーク

で区切られています。...(略)

+ 光磁気デバイス、ディスク、ファイル、または標準出力の場合、各情

報を区切るマークは特にありません。バックアップは、必ず単一の

ファイル(ボリューム)です。

fbackupのman pageで-fオプションの所を参照すると、リモートデバイスも指定できるようです。

(すいませんが、当方、試したことはありません。)

これは、解にならないでしょうか?

HP-UX修行中
時折のアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

返信ありがとうございます。

リモートデバイスを指定できることは知っておりますが、LT0のライブラリ装置のスロット番号を指定して実行するようなことは可能なのでしょうか。
Ku_O
レギュラーアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

fbackup でスロットまでは指定できないので、その前後で mc コマンドを使いメディアを制御する必要があります。mc はローカルでしか使えませんから、remsh とかで実行することになると思います。
HP-UX修行中
時折のアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

お二人の方から返信・回答をいただきありがとうございました。

元となる問題点「fbackupの-fオプションにディスク上のディレクトリを指定して実行したところ、『/tmp/backup はバックアップに適切なデバイスはありません』とメッセージが返ってきて、実行ができません。」の原因と対処法に関してのノウハウのある方はご教示お願いします。

J_I
アドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

-f オプションの後ろに指定するのは、ファイルでなければ駄目で、ディレクトリを指定しているからエラーになるのだと思います。タブン。

manpageを見る限りそう思えます。
hazelwood
信頼あるコントリビューター

fabackupの使用方法に関しまして

すいません、先ほどははっきり書きませんでしたが、引用したfbackupのman pageに「バックアップは、必ず単一のファイル(ボリューム)です。」という一文があるので、ピアソンの書籍のほうが間違っているものと思います。

ディレクトリ構成をそのまま複製するのならば、fbackupとfrecoverをパイプでつないで実行することになります。

#やりたい事から考えて、これを期待しているのではないであろうと思うのですが...

HP-UX修行中
時折のアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

14zakiさん、ご回答ありがとうございます。

本日は、fbackupの実行を実施して確認できない為、明日実施して確認してみます。

ファイルへの場合に2GB超のバックアップ実行は

エラーになってしまうのでしょうか?
HP-UX修行中
時折のアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

ピアソンの書籍も-fで「ファイル」指定とありましたが、私が「ディレクトリ」のつもりで勘違いしておりました。

fbackupのバックアップで、とあるディレクトリを指定した場合にはディレクトリ構成を複製できないのでしょうか。fbackupとfrecoverをパイプでつないで実行という方法が良くわかりません。
hazelwood
信頼あるコントリビューター

fabackupの使用方法に関しまして

> fbackupとfrecoverをパイプでつないで実行とい

> う方法が良くわかりません。

fbackupを使用して、複製を作る場合には、以下の

ようにfrecoverを併用します。

(以下は、frecoverのman pageからの抜粋です。)

-----------------

fbackup と frecover は、次に示すように、ファイ

ルシステムのバックアップと回復を続けて行うとき

に、パイプラインで使用することができます。

fbackup -i /usr -f - | (cd /mnt; frecover -Xrf -)

------------------

もちろん、tarでも同じようなことができます。

------------------

(cd /usr ; tar cvf - .) | (cd /mnt; tar xvf -)

------------------

ただし、これらは、複製であって、バックアップイメージ(アーカイブ)ではないので、当初の目的からは外れているのではないかと思うのですが...

> ファイルへの場合に2GB超のバックアップ実行は

> エラーになってしまうのでしょうか?

fbackupは、2GB超のファイルについても、サポート

しています。

以下、fbackupのman pageからの抜粋です。

------------------

リリース 10.20 より、HP-UXはラージ・ファイル

(2GB より大きい)をサポートし、 UID/GIDを拡張

(60,000 より大きい) します。

------------------

HP-UX修行中
時折のアドバイザー

fabackupの使用方法に関しまして

回答いただきました皆様ありがとうございました。

manや書籍で見落としや勘違いなどに気づかされたり、色々勉強になりました。

自分なりに調査、検証もやっていきますが、これからもアドバイスをよろしくお願いします。