System Management
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

largefilesの設定について

KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

いつもご利用させていただいております。

OSインストール時に、largefilesの設定をする箇所がございます。(File System Parameters)

2GB以上の論理ボリュームを作成するのであれば、どれに作成しても良いのでしょうか?

File System Parametersの画面に入ろうとすると以下のようなメッセージが表示されましたが、swapもdumpもrootも"Yes"に変更できちゃいます。

---

Some of the volumes contain a VxFS filesytem. Only the "Largefiles" and the "Blk. Size" option can be changed for these volumes.

インストールをスタートさせても問題なのでしょうか?

どなたかご教授していただけると助かります。
17 件の返信
T_K
頻繁なアドバイザー

largefilesの設定について

HP-UX11.11でですが、/standにlargefilesオプションを付けて痛い目を見て、

このフォーラムでお世話になりました。少なくとも/standにだけは、

largefilesオプションを付けてはいけないようです。

以前、私が投稿したものです↓

http://www3.jpn.hp.com/cgi/service/itrcforum/msg_list_disp.cgi?msg_id=30703&top_msg_id=30681&mode=2&open_flag=1&category=6
KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

早速のご回答どうもありがとうございます。

マルティネスさんの記事は確認させてもらってました。

/standのみの話だったので、ファイルシステムを作成しないswapとdumpはどうなのだろうと思い質問させてもらいました。

manなど確認しても中々希望する説明書きがなくて・・
T_K
頻繁なアドバイザー

largefilesの設定について

> マルティネスさんの記事は確認させてもらってました。

それは失礼致しました。

自信無しですが、largefilesオプションはfilesystemのオプションで、

swapやdumpなどには不要なものでは?

一方、/standに付けたとき、/(ルート vxfs)にもlargefilesを

付けた様な気がするので、こちらは付けても"とりあえず"動きそうです。

(Defaultだとnolargefilesみたいですが)
KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

swap、dumpには設定不要だと思いますが、設定できてしまう?ので、設定してもよいものかどうか・・

正式にインストールしたわけではないのですが、Long file Nameは設定できなくなっています。(選択できません)

>一方、/standに付けたとき、/(ルート vxfs)にもlargefilesを付けた様な気がするので、こちらは付けても"とりあえず"動きそうです。

これは、/standと/にlargefilesオプションを設定したら、起動したということでしょうか??

>(Defaultだとnolargefilesみたいですが)

2G以上に設定してもNoのままでした。

他の論理ボリュームは2G以上に設定するとYesに変わったと思います。
T_K
頻繁なアドバイザー

largefilesの設定について

> これは、/standと/にlargefilesオプションを設定したら、起動したということでしょうか??

別々に試していたと記憶してます。

/standにはつけず、/につけた状態だったと。

あまり確信を持てないので、聞き流して下さい(^^;

お役に立てず済みません。
oops
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

largefiles はファイルシステムに効果のあるオプションなので、swap/dump のようなファイルシステムでない lvol の場合、例え yes にできたにしろ、関係ないような気がします。

また、2GB 以上の lvol でもデフォルトは nolargefiles のはずです。largefiles オプションは、ファイルシステムの大きさではなく、ファイルの大きさに関係するものです。

「2GB 以上のファイル」を作成する可能性のあるファイルシステムがあるのであれば、そこにはつけておくといいでしょう。インストールが終わってからでも付けられますので、慌てる必要はないと思いますし、通常 OS 領域に作成されるファイルに 2GB を超えるものはありませんから、インストール時に付ける必要はないと思いますが。

/ に関しては filesystem full が怖いので、付けるべきではないと思います。

T_K
頻繁なアドバイザー

largefilesの設定について

長年放って置かれたwtmpで2GBを越えたというケースを聞いた事があります。

auditログもちゃんとローテーションしてやらないと、セカンダリの方は

際限なくサイズが大きくなってしまうようなので、注意が必要だと思います。

(2000KBと上限指定してもそれ以上のサイズになってしまいますよね)

しかもデフォルトだと/パーティションに出力されるのでこわいです。

あと可能性としては、デフォルトだと/var/adm/crash配下に出力される

ダンプファイルとか?

また、ファイルシステムサイズ等にもよるのかもしれませんが、インストール

時に作成されるデフォルトのファイルシステムのうち、/と/stand以外は

largefilesオプションが付いていたと記憶しています。

個人的には、ファイルシステムのサイズ(2GBが全体の何%か)にもよりますが、

/と/stand以外はデフォルトlargefiles付けて、使用率の監視などをする

のがいいと思いますがいかがでしょうか。
KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

ご回答どうもありがとうございます。

皆様の意見を参考に、以下の設定でいきたいと考えます。

/stand:largefilesオプションなし(マルティネスさんの経験より)

swap、dump:largefilesオプションなし(ファイルシステムではないので)

/:largefilesオプションなし(file system fullが怖いので)

折角のwtmpとauditログのアドバイスですが、小生に理解がまったくないため、調査してみたいと思います。

どうもありがとうございました。
hazelwood
信頼あるコントリビューター

largefilesの設定について

もう解決しているところに口を挟むのもなんですが、

/には放置しておいて巨大になるようなファイルは無いはずです。(wtmpは/var/admに実体があります。)

また、/の容量はあまり大きくとらないことが普通なので、largefilesをつけていようがいまいが簡単にFilesystem Fullにすることができます。

ですので、「Filesystem Fullが怖い」というのは、理由として根拠が弱く、「ブートローダーが参照する可能性のあるボリュームだから」がlargefilesにしない妥当な理由だと思っています。(/standも同じ理由です。)

/のFilesystem Fullについては、オペミスとか、coreファイルの生成のほうが怖いです。

(たとえば、tar cvf /dev/rmt/0n . とか)

KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

ご回答どうもありがとうございます。

当方でも/と/standに2Gを越える設定はしたことがないのでlargefilesをつけたことはありませんが、ブートローダが関連する論理ボリュームということで、largefilesをつけない方針にしたいと思います。

coreファイルが出来てしまうことはたまにあったりしますが、どうしようもないですかね・・
hazelwood
信頼あるコントリビューター

largefilesの設定について

> coreファイルが出来てしまうことはたまにあったりしま

> すが、どうしようもないですかね・・

本題から外れてしまいますが、以下のような対策があります。

1. /coreというディレクトリを作る。

(/にcoreという名前のファイルが作られることを妨害する)

2. sh(POSIX shell)のビルトインコマンドulimitでcoreファイルのサイズを制限する。

(cshの場合、limit)

3. メモリを大量に使用するプログラムは、/ ファイルシステム以外から起動する。

KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

ご回答どうもありがとうございます。

>1. /coreというディレクトリを作る。

(/にcoreという名前のファイルが作られることを妨害する)

ちょっと故意にcoreファイルの作成方法がわからないので質問させていただきます。

この操作により、coreという名前のファイルが作成されなかった場合、別名で/配下に作成されると考えれば良いのでしょうか?
hazelwood
信頼あるコントリビューター

largefilesの設定について

> この操作により、coreという名前のファイルが作成され

> なかった場合、別名で/配下に作成されると考えれば良

> いのでしょうか?

core dump時は、必ずcoreという名前のファイルが作られ

るので、/にcoreディレクトリ作ってしまって、coreと

いうファイルが作られないようにしてしまおうという

発想です。

(/coreディレクトリが存在しているので、同名のファイルが作れない。)

カレントディレクトリが/etcだったりすると役に立ちま

せんが、デーモンとして動作しているもののほとんどは

/がカレントディレクトリだと思います。

 
KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

ご回答ありがとうございます。

core dumpの仕様を理解してなかったため勉強になります。

/etc配下にも/core作成しておけば対応かのうでしょうか?

coreディレクトリ作成の検討をしたいと思います。
hazelwood
信頼あるコントリビューター

largefilesの設定について

> /etc配下にも/core作成しておけば対応かのうでしょうか?

例として/etcをあげただけなので、本当に/etcをカレント

ディレクトリにするプログラムがあるのかどうかは調べていません。

ブート時に起動されるプロセスのカレントディレクトリを

調べて、そのディレクトリだけ対処すればいいと思います。

/sbin/init.dのスクリプトを調べれば、分かると思います。

(今、「/etc/rc.config.d/にカレントディレクトリを変

更するスクリプトを置いておく」という荒業を思いつい

てしまいました。動作の保障はできませんが、ほとんど

のデーモンプロセスのカレントディレクトリは変更でき

ると思います。)

ブート完了後にマニュアルで起動するプロセスは、

(手順書に記載が無ければ)どこをカレントディレクトリ

にして起動されるか予測できないので、これも含めて

完全にカバーするのはこの方法では無理です。

KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

今頃ですが、以下の情報が確認できたのでコメントさせていただきます。

OS 11i v1.6以降、OS標準のファイルシステム(/、/usr、/var、/opt、/tmp、/home、/stand)はHP-UX largefiles=TRUE指定で作成されるそうです。

以下を参照願います。

http://docs.hp.com/ja/5187-0702/ch08s15.html

マルティネスさんの事例があるだけに懸念されますね。
KN
貴重なコントリビューター

largefilesの設定について

すいません、追記です。

OS標準のファイルシステム(/、/usr、/var、/opt、/tmp、/home、/stand)にlargefiles設定がされていてもシステムに影響はないようです。