HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ダウンタイムを削減して最大のパフォーマンスを実現しましょう HPE ProLiantとWindows Server 2019

今日、お客様は24時間絶え間なくサービスを利用できることを期待しています。また、従業員はどの場所からでも、昼夜を問わずアプリケーションと情報にいつでもアクセスする必要があります。このような24時間365日体制の世界では、計画外のダウンタイムが最悪の事態を招きかねません。HPE ProLiant Gen10サーバーとWindows Server® 2019は、アップタイムを向上させる多くの機能を備えています。HPEMicrosoftと連携し、自動化も含めた使いやすい機能を追加コストなしで提供することにより、シンプルかつコストのかからない方法でダウンタイムの削減を実現します。

 

例えば、最も低コストで簡単にアップタイムを向上する方法として、HPE Systems Insight Manager (HPE SIM) の使用が挙げられます。HPE SIMは無料でダウンロードできるHPE ProLiantサーバー向けのプログラムで、サーバーをHPEストレージおよびネットワーキング製品と併せて管理できるようにします。また、HPE ProLiantサーバーの正常性を監視し、発生中または近々発生する可能性のある障害をプロアクティブに通知し、さらに、一部の障害管理やイベント処理も行います。

 

HPE DDR4 Smart Memoryは、内蔵の信頼性、可用性、保守性 (RAS) 機能によりアップタイムを最大化します。例えば、HPEファストフォールトトレランス機能により、フルメモリ性能でサーバーを起動することができます。DRAMデバイスの障害を監視し、メモリの残りの部分で最大パフォーマンスでの実行を継続させながら、すべての障害を修正します。

 

HPE ProLiant Gen10サーバーにHPE Integrated Lights-Out 5 (iLO 5) の一部として含まれるHPE Smart Updateソリューションを使用すると、ファームウェアとドライバーのアップデートがアップタイムに与える影響を低減できます。HPE Smart Updateテクノロジーは、HPE Smart Update Manager (SUM) Service Pack for ProLiant (SPP) を組み合わせることで、時間とコストがかかり、なおかつ、エラーを起こしやすい計画外のダウンタイムに結び付く可能性があるアップデートを低減します。

 

Microsoftも、積極的にダウンタイムの削減に取り組んでいます。オンプレミスとクラウドの橋渡しをするオペレーティングシステムとして、Windows Server 2019Azureのクラウドバックアップとの統合を前提に設計されており、データ破壊、サイバー攻撃やその他の重大な障害によるダウンタイムのリスクを最小化させます。

 

ブラウザーベースのアプリケーションであるWindows Admin Center (WAC) は、Windows Server 2019、クラスター、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ (HCI)、さらにはWindows® 10PCまでも、Windowsライセンスの下で管理することができます。WACを使用すると、どこからでも簡単にWindows Server環境を管理および監視できるようになります。HPEでは、HPE Extensions for Windows Admin Centerを提供しています。これらのWAC向け拡張機能はプラグインのような働きをし、最も重要なタイミングでユーザーが有益な情報を得られるようにします。System Insights WAC拡張機能は、Windows Server 2019の内蔵型予測分析機能をサポートし、機械学習の活用により問題を特定し、物理ディスクの異常動作を自動的に検出して障害を予測し、計画外のダウンタイムが発生するリスクを低減します。

 

HPE ProLiant Gen10サーバーとWindows Server 2019が提供するこれらすべての機能によりアップタイムが保護され、24時間365日の対応が求められる世界でビジネスの質を高めることができます。より少ないコストで大きな成果が得られるHPEMicrosoftの取り組みによる多くのメリットのうちのひとつです。

こちらのビデオで、その他のメリットもご確認ください:  HPE ProLiant Gen10サーバーとWindows Server 2019:  ダウンタイムを削減して最大のパフォーマンスを実現 (英語)

 

HPE OEM Windows Serverの最新情報については、以下のCoffee Coachingをご覧ください。

LinkedIn: linkedin.com/groups/3413248/

0 感謝
作者について

MiwaTateoka