HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

【連載】第4 回--HPE Synergy×StratoscaleでCloud Experience On-Premise! 基礎編

皆さん、こんにちは日本ヒューレット・パッカードの八木 芳孝(やぎよしたか)です。

Synergyのエコシステムの紹介する本連載。第4 回は、ハイブリッドITを実現するStratoscale社の製品「Symphony」について紹介します。

はじめに

近年、パブリッククラウドへワークロード移行が進む一方で、セキュリティの観点などからオンプレミスでサービスを動かし続けているお客様が多くおられます。そのような「クラウド使いたいけど、オンプレで運用せざるを得ない」お客様にぜひ注目していただきたいのが、Stratoscale社の「Symphony」と「Chorus」です。これは、AWSパブリッククラウド互換の環境をオンプレミスで実現するソフトウェアで、パブリッククラウドのメリットを保ちつつも、セキュリティ等の問題を解決する注目の製品になっています。

私の同僚の凌が執筆しているMicrosoft Azure Stackを読まれている方は「Azure Stackとコンセプトが似ているな」と思われたかもしれません。Stratoscaleは言わば『Azure StackのAWS版』と位置づけることができます。

今回は、Stratoscaleの概要とSymphonyの基礎的な内容を中心にご紹介します。

 

Stratoscale 概要

オンプレミスデータセンター内でAWS互換のインフラストラクチャ(Symphony)とサービス(Chorus)を提供するソフトウェアです。ストレージは流行のHCI型になっており、ユーザーはオンデマンドでコンピュート、ストレージ、およびネットワーキングのプロビジョニングを行うことが可能です。パブリッククラウドのような柔軟性と迅速性をオンプレミスで実現し、お客様のサービス提供を迅速にサポートします。

 ダウンロード.png

Stratoscale Symphonyとは?

Stratoscale Symphonyを簡単に言うと、IaaSサービスであるAmazon EC2をオンプレミス環境に実装するものです。特徴として、(図1)に示すように「SDDC」「シンプルなオペレーション」「データドリブンITオートメーション」の3つを挙げることができ、セルフサービスポータル(図2)やAWS互換のAPI・SDKを通じて、EC2・VPC・EBS・S3といったIaaS関連サービスを簡単にデプロイできます。これはまさに、オンプレミス上でパブリッククラウドを実現するソリューションと言えるでしょう!

日本語はもちろんのこと中国語、フランス語などにも対応しています (図3) 。

1.png

図1:Storatscale Symphonyの3つの特徴

 blog.PNG

図2: Stratoscale管理画面

 

言語.PNG

図3:日本語選択画面

 

先ほどHCIと書きましたが、仮想マシンといったデータの格納先として、HPEが昨年買収した「HPE Nimble Storage」をサポートしています。外部ストレージに対応していることで、データの信頼性やパフォーマンスの向上、バックアップ/ディザスタリカバリ対策と言った、オンプレミスならではの特長が得られるでしょう。

nimble.PNG

図4:Nimble 接続の様子

 

HPE Synergy × Stratoscaleのメリット

HPEはStratoscaleを動かすサーバーに「HPE Synergy」をお勧めしています。

従来型のラックマウントサーバー+ネットワークスイッチ構成に比べ、HPE Synergyは従来のITインフラの課題を解決できるため、オンプレミスハードウェアの視点でもクラウドライクな運用が可能になるわけです。以下に具体例を示します。

 

◆メリット1:シンプルな管理画面

複雑な管理ツールは必要なく、ユーザーや管理者が操作するのは、HPE OneViewとStratoscaleのみで大丈夫。特別な学習コスト必要なく、複雑なIT管理をシンプルにします。

◆メリット2: ケーブルレス、スイッチレス

従来型構成ではサービス系・管理系で指定されたネットワークスイッチや結線が必要ですが、HPE Synergyでは内部バックプレーン接続により、ケーブルやスイッチは必要ありません。

◆メリット3:ソフトウェアによる自動構築

HPE Synergyではハードウェアの構築作業をソフトウェアで自動設定されることが可能です。ネットワークやストレージの設定を誰でも簡単に設定できます。

 

HPE Synergy × Stratoscale』、かなりイケてますよね??

次回は実践編として、基本的な操作方法をご紹介します。

 

HPE’s Partner Program

https://h20195.www2.hpe.com/V2/GetDocument.aspx?docname=a00049551ENW

https://www.hpe.com/us/en/servers/server-partner-program.html

https://www.stratoscale.com/press/stratoscale-joins-hpe-partner-program/  (Stratoscale)

HPE Synergy

https://www.hpe.com/jp/ja/integrated-systems/synergy.html

0 感謝
作者について

八木芳孝

HPEでサーバープリセールスをしています八木です。 本ブログでは、サーバーだけに限らず、多くのISVソリューションを紹介します:)趣味は仕事。特技も仕事。yagi@hpe.com