HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

AzureとAzure Stack HCIのハイブリッド利活用

こんにちは、インフラ、Microsoft関連ソリューションの製品プリセールスをしております原です。

 

HCIソリューションは世の中に多くありますが、Azure Stack HCIの魅力の一つはパブリッククラウドのAzureとオンプレミスのAzure Stack HCIを連携して利用することができる点だと思います。

 

AzureとAzure Stack HCIを実際に連携、操作する機会がありました。今回は、その時の経験を通して理解した、Windows Admin Centerを利用したAzureとAzure Stack HCIのハイブリッド利用シナリオについて触れてみたいと思います。

 

環境について

2台のサーバーをスイッチレス構成で接続し、Azure Stack HCIを構成した環境を利用しました。仮想環境のVMにログインしAzureとの接続、連携操作を試みました。VMはWindows Server 2019で、Windows Admin Centerがインストールされてます。Azure Stack HCIとAzureを連携するにはWindows Admin Centerを管理ツールとして利用します。

 

testenviroment.PNG

 

 

Windows Admin Center

Windows Admin Centerは小規模環境からハイブリッドクラウド環境までを管理するツールです。無償で提供されており、ハイパーコンバージドインフラの管理、S2D領域の作成、Hyper-V上のVMの管理、クラスタ全体の監視などが可能です。Azureサービスとの連携もサポートしております。

 

サーバーもしくはPCへインストールすることが可能で、今回の環境では、こちらのマネージドサーバーのパターンでAzure Stack HCI上のGuest OSにインストールしております。

 

試してみたシナリオ

今回試してみたシナリオは、「Windows Admin CenterのAzureへの登録」、「Windows Admin CenterでVMを作成する」、「Azure Backupサービス」、「Azure File Syncサービス」、「Azure Update Management」、「Azure Network Adapter」、「Azure Monitor」です。

 

今回試したシナリオはどれもきちんと作動しました。最初の「Windows Admin CenterのAzureへの登録」の時のみ、Azure側の権限設定がおかしく、うまく登録できませんでした。しかし、そこさえ正しい登録に直すと、後はスムーズに設定、連携することができました。

 

Windows Admin CenterはGUIベースでAzureのようにボタンを押しながら設定していけるため、学習コストが低く、初めての人にも比較的利用しやすい管理ツールでないかという印象を持ちました。

 

これ以外にも、MicrosoftはAzureとオンプレミスの連携を、「オンプレミスをAzureへ拡張する」、「Azureから集中管理する」といったシナリオを軸に提供しているようです。

 

hybrid-framing.png

 

 

紙面の都合上、試してみて、特に面白い、便利だと思った連携シナリオを見ていきたいと思います。

 

Azure Backup

Azure Backupでは、Azure Stack HCI上のWindows Server VMのバックアップを取ることが可能です。

 

Widows Admin Centerを使って、Azure Backupとの設定を行います。その際、ドロップダウンメニューから「サブスクリプションID」、「Vault」、「リソースグループ」、「ロケーション」を指定します。

 

バックアップを取るスケジュール、バックアップ対象を指定し、暗号化用のパスフレーズを決めるとバックアップが開始されます。

 

もちろん、Azure Backup復元ポイントからデータをAzure Stack HCI上のVMへ回復することも可能です。

 

操作してみての感想ですが、GUIベースで操作ができるのは便利に思えました。クラウドに出してよいデータである場合、バックアップ装置、機器への投資が厳しい場合、Azureのアカウントさえ作れば、比較的容易に利用できる印象です。オンプレミスを使っているがクラウドの利活用も検討したい、という方には取り組み易いソリューションだと思います。

 

azurebackup.PNG

 

 

Azure File Syncサービス

Azure File Syncは、Azure Stack HCI上のWindows Server VMに多数のAzure ファイル共有をキャッシュできるサービスです。ファイルはAzure File Syncでクラウド上に格納されます。

 

Azure側の設定

まずは、AzureのAzure Portalから、Azure File Syncサービスを検索します。「リソースグループ」、「ストレージ同期サービス」、「ロケーション」を指定し、Azure上でAzure File Syncをデプロイします。

 

デプロイが完了すると、ストレージ同期サービスが作成されています。新しい同期グループを作成するのに、ストレージアカウントを作成する必要があるので、「リソースグループ」、「ストレージアカウント名」、「ロケーション」を決めてストレージアカウントをデプロイします。

 

新しいストレージアカウントのファイル共有をクリックし、ファイル共有サービスに名前を付け作成します。

 

以前作成した、ファイル同期サービスで、同期グループをクリックし、先ほど作ったファイル共有サービスに紐づけます。

azurefilesync1.PNG

 

 

サーバーエンドポイントの追加

Windows Admin Centerから、Azure File Syncのメニューを選択し、セットアップを選びます。オプションは自動的に入力されますが、編集を選択し、前の手順で作成したストレージ同期サービスを選択し、セットアップ完了を待ちます。

 

Azureポータルから同期グループへ移動して、サーバーエンドポイントの追加を選び、「登録済みサーバー」、「パス」、「クラウド階層化の有無」、「ボリューム空き容量」を入力します。

 

これで、サーバーエンドポイントが作成され、ファイルの同期が始まります。

azurefilesync2.PNG

 

Azure側の設定でストレージを作ったり、Azure Stack HCI上ではVM設定を行う必要がありますが、慣れればシンプルだと思います。このシナリオでは、オンプレミスのファイルをAzureに配置することができます。よく利用するファイルは社内に残しておき、アクセス頻度の低いデータはAzureに保存しておくという考え方もあると思います。

 

その他のシナリオでも、「Windows Admin CenterでVMを作成する」では、きちんとAzure上にVMをデプロイでき、「Azure Monitor」でも、異常が発生した際には、設定したメールアドレスにとぶような設定が10分-20分の作業で完了しました。

 

今回はWindows Admin Centerを介した、AzureとAzure Stack HCIの連携操作について触れさせていただきました。最後までお読みいただきありがとうございます。

0 感謝
作者について

SatoshiHara

Microsoft Solutions