HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

HPE IoT スマートシティ/スマートパーキングのデモを構築しました

あらゆる機器がネットワークに繋がるIoT時代が訪れようとしており、皆様いたるところでIoTというキーワードを耳にしているかと思います。

このたび、数あるIoTサービスの一例として、HPEが持つ様々なIoTソリューションの一部を用いてスマートシティ/スマートパーキングデモを構築しました。1月から大島本社内にあります、HPEエグゼクティブ・ブリーフィング・センター (EBC) デモコーナーにて展示を開始しております。

 (スマートシティ/スマートパーキングデモの展示)(スマートシティ/スマートパーキングデモの展示)
本デモでは、街中にある皆様お馴染みのパーキングメーターの運用・管理を行うシステムをイメージしており、ジオラマとミニカー、クラウド上に構築された以下のソフトウェアソリューションによって構成されています。

HPE Universal IoT Platform
IoTデバイスとアプリケーションの管理やデータの収集が可能なプラットフォーム製品です。
さまざまなプロトコル・デバイスにプラットフォーム側で対応可能なため、あらゆるIoTデバイスが接続可能です。アプリケーションへの通知、センサーデータへのアクセス、デバイスを管理するため、IoT/M2Mプラットフォームの国際標準であるoneM2Mに準拠したREST APIを提供します。

HPE Unified OSS Console
収集したセンサーデータを表・グラフ・地図形式などで簡単に可視化できます。
Webベースのビューデザイナー画面によって、複数のセンサーデータを任意の形式で表示可能です。お客様の業務要件に最適なダッシュボード画面を提供します。(左:ジオラマ各駐車区画の写真          右:センサーの拡大写真)(左:ジオラマ各駐車区画の写真          右:センサーの拡大写真)

 ジオラマの各駐車区画には駐車有無を判断するためのセンサーが埋め込まれています。ここにミニカーが駐車、あるいは駐車中のミニカーが駐車区画を離れると、センサーが駐車状態の変化を検知し、その情報をクラウド上で稼動するセンターサーバーに連携します。センターサーバーではHPE Universal IoT Platformが稼動しており、センサーデータの収集および管理を担っています。

(HPE Universal IoT PlatformのAPIを介したリアルタイム駐車状態の表示)(HPE Universal IoT PlatformのAPIを介したリアルタイム駐車状態の表示) 

ジオラマの隣に設置しているモニターではユーザ向けWebアプリケーションがHPE Universal IoT Platformが提供するAPIを介して現在の駐車場の情報を取得し、現在の駐車状態をリアルタイムに提供しています。

 

 

 

(HPE Unified OSS Consoleによる管理者向け画面)(HPE Unified OSS Consoleによる管理者向け画面)

上記画面とは別に、本デモでは地域全体の駐車場の状況を管理する管理者向け画面HPE Unified OSS Consoleによって提供しています。HPE IoT Platformや他のソフトウェア製品と連携して、各エリアや駐車区画ごとの駐車場の利用状況や時間超過の有無、平均稼働率や売上情報などを、駐車場の管理に必要な情報を地図と表を組み合わせて可視化しています。Unified OSS Consoleが提供するビューデザイナー画面によって、これらの画面の表示形式やレイアウトはお客様の要望に合わせて柔軟に変更することが可能です。

 

 

今回のスマートパーキングに限らず、IoTサービスの実現には、多種多様なデバイスやセンサーからデータを収集し、様々なネットワークを介してクラウド上あるいはデータセンターにあるセンターシステムに大量のデータを蓄積、各種データ変換や分析等を行った上で、その利用者や管理者に適切な形式で情報を提供する・・・といった機能が必要となります。

 HPEのIoTプラットフォーム製品は、国内外の通信業界のネットワーク管理ソリューションで使われたノウハウや技術がバックグラウンドとなっています。通信業界で長年培った技術や経験をもとに、数千万以上、そしてさらにスケールの大きなネットワーク上に展開するデバイスの管理が可能なスケーラビリティを提供しています。

HPEでは、今回ご紹介した製品以外にも、これらIoTサービスの実現に必要なサーバーやネットワーク機器、ソフトウェアなど様々な製品をご用意しております。これらを組み合わせることにより、様々なIoTサービスを行うための基盤を比較的、容易かつ短期間で構築することが可能です。

さらに、このような通信事業への長年の貢献実績から得たビジネス知見とデリバリーノウハウを活かして、IoT新規ビジネスモデルの策定から、それらを支えるアーキテクチャーの実装に至るまで、様々な業界のお客様に向けたコンサルティングサービス各種ソリューションを提供しています。

 是非EBCにお越しになり、実際のデモを手で触っていただき、その動作を体感いただければと思います。

 

HPEエグゼクティブ・ブリーフィング・センター (EBC)

お客様のトランスフォーメーション実現に向けた、戦略とロードマップを策定するための空間として、本社内に「HPEエグゼクティブ・ブリーフィング・センター」をご用意しています。プレゼンテーションやワークショップを通して、コンサルタントやエンジニアが課題の洗い出し、今後の方向性や行動計画の策定をサポートいたします。またIT変革を実現するソリューションや製品・機能を体感できる 各種デモンストレーションを体感いただけます。

 

スマートシティ/スマートパーキングデモに関するお問い合わせ:
日本ヒューレット・パッカード株式会社
通信・メディアソリューションズ統括本部
HPE_CMS_IoT@hpe.com

 

0 感謝
作者について

Tech_Power_blog

「HPE Tech Power Club」のコミュニティアカウントです。テクノロジスト、アーキテクト向け情報を発信します。