HPE Blog, Japan
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

『篠田の虎の巻』 PostgreSQL 13 Beta1 検証結果公開中!

postgresql13beta1_2020may27a.png日本でも導入が進んでいるオープンソースのデータベースソフトウェア「PostgreSQL」の技術文書「篠田の虎の巻」を公開中です。今回は、PostgreSQL 13 beta1に対応です。日本語版と英語版の両方を公開中。

●日本語版「篠田の虎の巻」(PostgreSQL 13 beta1対応)のダウンロードは、こちら

●英語版「篠田の虎の巻」(PostgreSQL 13 beta1対応)のダウンロードは、こちら

今回のPostgreSQL 13 beta1の目玉機能は、一体どのようなものでしょうか。

PostgreSQL 13は、PostgreSQL 11/12で追加された多くの新機能の正常進化版と言えます。また未来のバージョンに対する準備機能がいくつか組み込まれました。PostgreSQL 13の主な新機能は以下の通りです。

■大規模環境に対する拡張

・複数のインデックスが作成されたテーブルに対するVACUUM処理が並列化
・B-Treeインデックスの重複排除機能がデフォルト有効に
・WAL出力の抑制機能の充実 

■ 運用性の向上
・ ハッシュテーブルのメモリー使用量抑止
・パーティション・テーブルのレプリケーション対応
・モニタリング機能の強化(ANALYZE文やpg_basebackupコマンドの実行状況を確認するカタログや待機イベントの増加)
・WAL出力のモニタリング機能強化

■ 信頼性の向上
 ・バックアップ・データの整合性チェック機能

■ 将来バージョンへの対応
・パラレル・ワーカーとロックの競合機能
・64ビット・トランザクションIDを扱うデータ型と関数追加

■PostgreSQLのパッチ提供も行う篠田
弊社でデータベースの技術コンサルティングを行っている篠田は、PostgreSQLの開発におけるバグレポートの活動やパッチ提供も行っています。PostgreSQLのパッチ作成、バグレポート等も篠田で実施したため、貢献者としてリリース・ノートに篠田の名前が掲載されています。
https://www.postgresql.org/docs/12/release-12.html#RELEASE-12-ACKNOWLEDGEMENTS
以下のGitログにも弊社の篠田の貢献が記載されていますので是非ご覧ください。

https://git.postgresql.org/gitweb/?p=postgresql.git&a=search&h=HEAD&st=commit&s=shinoda

masazumi_koga (Twitter: @Masazumi_Koga)

0 感謝
作者について

Masazumi_Koga

Hewlett Packard Enterprise認定のオープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストの古賀政純が技術情報や最新トピックなどをお届けします。保有認定資格:CCAH(Hadoop)/RHCE/RHCVA/Novell CLP/Red Hat OpenStack/EXIN Cloud/HP ASE DataCenter and Cloud等